2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウイスキーイベント

2016年10月18日 (火)

マルス津貫蒸溜所

10月初旬、大阪であったウイスキーイベント「Whisky History 2016」でマルスウイスキーが11月10日にグランドオープンする津貫蒸溜所のセミナーを受けて来ました。

オープンすれば鹿児島県にある津貫蒸溜所は日本最南端の蒸溜所となります。

P1000711

信州にあるマルス蒸溜所と鹿児島にある津貫蒸溜所では当たり前ですが年間平均気温や湿度などの条件が異なります。

P1000713


信州に比べて年間平均気温が8℃ほど高くなっています。標高は信州より低いので熟成が早く進むことが予想されます。

鹿児島県に蒸溜所を造る目的はひとつ「信州とは異なる酒質のウイスキーを造ること」・・・そのとうりですよね。

で、いちばん注目したのが初溜釜の違い・・・

P1000716

P1000718

釜の容量はほぼ同じでストレートヘッド・スチーム間接蒸溜ですが、津貫は冷却がワーム・タブ方式でかつスワンネックが長くそして下向きです。

図面から想像するに、信州よりヘビーな酒質になることが想像できます。

ちなみに、信州との差別化でガス直火加熱も検討したらしいのですが、スチーム過熱に比べて建設費用が約1億円高くなる(秩父蒸溜所でも同じこと聞きましたが・・・)と向かいに幼稚園があるそうなので安全上の理由でスチーム間接加熱を選択したそうです。

そして、信州・津貫熟成モルトの比較試飲。

P1000707


右側が津貫熟成ですが、バーボンバレル3年熟成にもかかわらずトロピカルフルーツ感満載でKAVALANに優るとも劣らない美味しさです。

数ヵ月後には津貫熟成のシングルモルトがリリースされるとか・・・楽しみです。

日本のウイスキーブームが終息期に入りつつある今、新たな投資をしてモルトつくりに挑戦する本坊酒造に敬礼します。

2016年6月22日 (水)

なかなかのツーショット

6月5日の「ウイスキーフェスティバル大阪」に行ってきました。

久しぶりのウイスキーイベント参加です。

サントリーのブースにイチローズモルトの肥土伊知郎さんが来られ写真に納まっていただきました。

Photo

サントリー福與チーフと肥土さん・・・日本のウイスキー業界を引っ張るふたりのツーショットはなかなか味わい深いものがありますね。

ちなみにニッカの佐久間チーフはニッカのブースでずっと顧客対応されていました。

2015年6月14日 (日)

バーショウ/WHISKY EXPO JAPAN

ちょっと古いネタですが、年々内容がショボくなるバーショウです。

昨年は無料のミニクラスで賑わっていたのですが、今年は有料のマスタークラス。しかも内容はショボい。

かっては記念のグラス配布などもありましたが、それも遠い夢となり・・・

P1100644

あまりやる気の感じられなかったサントリーのブース。5大ウイスキーを提供していましたがジャパニーズは響ジャパニーズハーモニーのみ。山崎も白州もありません。

P1100650_2

ニッカのブースはそれなりでしたが、余市・宮城峡シングルモルトシリーズが終売するとあってディープブレンドと竹鶴でがんばっていましたが、「マッサン」放送中のような勢いは感じられず。(一部の噂では余市・宮城峡シングルモルトシリーズは9月以降に値上げして復活するとかしないとか・・・)

唯一良かったのがフリージング・ハイボール・・・・旨かったです。

P1100648

開場と同時に瞬間蒸発的に売り切れたイチローズ・モルトのバーショウ記念ボトル。

P1100647

バウチャーで試飲だけはできました。(ちなみに翌日のヤフオクでは10万円で出品されていました(`◇´*))

勢いのないジャパニーズ勢で唯一がんばっていたのがキリンウイスキー

田中城太チーフブレンダー自らがブースに立ち、ゆっくりお話ができました。

P1100643

まずビックリしたのは田中チーフブレンダーは京都伏見区のご出身で、オヤジと同じ京阪電車沿線に(しかも数駅違い)ご実家があるそうです。ひょっとすればどこかで出会っていたかも。

ちなみにかって御殿場蒸留所で売られていたシングルグレーン15年は利益がほとんどなく、売れば売るほど赤字だったとか・・・オヤジは1本未開封で保存していますが、大事に呑まなければ・・・と思いました。

3万円近くする御殿場シングルモルトやシングルグレーンがバウチャーなしで飲ましていただけました。旨いっ!


そしてキリン太っ腹!!

P1100642_2

で、ほかに特に見るものもないのでオネーチャンの写真を取り捲るオヤジでありました。(エロオヤジ満開)

P1100656

ポーズをしてくれたおねーさんに感謝。でも来年のバーショウもこんなんだったらイヤやなあ。





2015年4月20日 (月)

白州蒸溜所ウイスキー&オードブルセミナー

ちょっと前ですが、ブログで知り合った才人さんと参加しました。

甲府駅から送迎バスで移動です。小淵沢ではなく甲府発というのがありがたい。

P1100518

定番の工場見学の後、セミナールームに通されました。昨年までは工場内レストラン「ホワイトテラス」での開催でしたが、今回からセミナールームに変わったようです。

P1100519

本日の試飲アイテムはこれです↓山崎のセミナーと同じくバーボンがラインナップに加わっていました。

P1100523

テーブルの上にはすでにオードブルがセットされています。早く見たいなぁ・・・とはやる心を抑えつつ・・・

P1100521

まずはウイスキーのティスティングから・・・白州ハイボールで喉を潤します。

P1100524

そしてお待ちかね・・・オードブルとのご対面です!!

P1100526

P1100531

ウイスキー樽の自家製燻製・金柑のウイスキーシロップ煮・野菜ピクルス

P1100527

ワカサギの揚げ物・菜の花の和え物・アワビの煮貝・サーモンのウイスキー蒸し

P1100528

鶏の山椒焼き・レバーのペースト・ライ麦パン

P1100529

ローストビーフとマッシュポテト

P1100530





どれも美味しそう!!ガッツリ行きたい気持ちを抑えてウイスキーとの相性を探ります。

P1100536

インパクトがあった、春の香のする菜の花と響12年の水割りのマリアージュ・・・

P1100540

スモーキーな燻製は白州と相性がいいです

P1100541

写真にはありませんが、肉汁がじゅわっと溢れるローストビーフと爽やかな白州の森香るハイボールの組み合わせもなかなかのものでしたよ。

レジュメにはないサプライズが・・・白州18年と焼きプディングをいただきました。うれし~

P1100542

P1100544

このセミナーはコスパもよく毎年参加してしまいます。

サントリースタッフとホワイトテラスのシェフによる、いかにサプライズを・・・という心意気を感じ、幸せな気分にしてくれます。

幸福な時間を過ごした後は、帰りのバスが出発するわずかの時間、これでもか・・・と有料試飲でウイスキーを呑みまくるオヤジでありました。

同行してくださった才人さん、いろいろとありがとうございました。

次に白州に行けるのは夏になると思いますが、おそらく凄まじい人手なんでしょうね・・・

2015年3月28日 (土)

秩父ウイスキー祭り 秩父蒸溜所セミナー




セミナーの予約開始からほぼすぐ満席になった人気No.1のセミナーです。

まあ、秩父ウイスキー祭り自体が秩父蒸溜所のためのイベントのようなものですが・・・

P1100446

会場が神社だけあって、畳の部屋でのセミナーです・・・なかなか新鮮。

P1100449_2

試飲アイテムは5種類のイチローズ・モルト

P1100448

まずは秩父蒸溜所の立ち上げにいたるエピソードから・・・

羽生蒸溜所が閉鎖となり、廃棄の危機にあった原酒を引き取り、秩父蒸溜所立ち上げにいたる過程をレクチャー

P1100455

ブランド名「イチローズ・モルト」の成立過程・・・当初は「アクトーズ・モルト」のブランド名も候補にあったそうなんですが、ゴロが悪い{悪党}ので却下(場内爆笑)

そして念願の秩父蒸溜所立ち上げ。ちなみに羽生の原酒は昨年発売のカードシリーズ「ジョーカー」で一区切りが付いたそうです。

そして、秩父蒸溜所に付いてのレクチャー

P1100459_2

小型のスティル・ストレートヘッド・下向きラインアームー・・・リッチな風味の原酒を生み出します。

お待ちかねのティスティング開始。

P1100456

まずは、未貯蔵のニュースピリッツを・・・

P1100457

ニュースピリッツにありがちなとげとげしさがなく甘みとリッチな麦芽の風味があり、このまま呑んでもじゅうぶん旨いですが、これを秩父の環境で貯蔵・熟成させるといいウイスキーになるやろなあ・・・と将来の期待を感じさせてくれる1杯です。

続いてフロアーモルテッドしたバーボンバレル

P1100460

フルーティで、以前ソサエティで発売され秒殺で売り切れた秩父蒸溜所モルトに通じるものがあります。

続いてシェリーカスク

P1100462

熟成年度が短い割には、シェリーのよさが良く出ていてこのまま商品化されたら、オヤジ的には即買いですね。

次は、パンチョン。

P1100463

これは、もう少し貯蔵期間がほしいかな・・・と感じました。

そして5番目の試飲アイテムは本日の目玉、ヘビリーピーテッド2015です。今年4月発売予定だそうですが、たいていずれ込んでしまうそうです。でも5月のバーショーには間違いなくお目見えするでしょう。

P1100465

P1100467

これを試飲すると場内から「わー」とか「すげー」とかの歓声があちこちから上がりました。

フェノール値は51ppm・・・アードペックとほぼ同等です。今までのヘビリーピーテッドシリーズではいちばんピーティだそうです。

これはほしいな・・・と正直オヤジは思いました。すでにラベルも刷り上っており発売の体制を整える段階になっています。

P1100469





最後に現在の秩父蒸溜所を・・・

P1100468

手前の建設中の建物は、ブレンダー室になるそうです。

ブレンダー室が完成すれば、多様なイチローズ・モルトが登場してくるのでしょうか・・・

秩父蒸溜所の将来を・・・そして未来のイチローズモルトを夢見させてくれるセミナーでありました。

2015年2月16日 (月)

ザ・グレンリベット・フードマッチング

何故かザ・グレンリベット・フードマッチングという少人数のイベントに当選し、参加させていただくことができました。

自分ではあまり自覚は無いのですが、ザ・グレンリベット・ガーディアンズとやらに選んでいただいたようです。ブログで特にザ・グレンリベットを宣伝した記憶は無いのですが。

(と言うか、特定のウイスキーに肩入れすることは避けております・・・マジで)

飯田橋のペルノ・リカール・ジャパン東京本社(ビルの34階にあります)を恐る恐る訪ねます・・・

P1100365

約10名ほどの参加者と後はプレス関係・・・ちょっと緊張します。

ザ・グレンリベット各エージングが出迎えてくれます。本日の試飲アイテムです。

P1100361

P1100343

最初にブランド・アンバサダーのダレン・ホージーの挨拶から始まります。

手前のちょっとブルース・ウイリスがかった方です。お会いするのは大阪・名古屋に続いて3度目。インチキ英語で挨拶すると私のことを覚えていてくれたようでした。

P1100348

早よ飲ましてえな・・・と心の中で思っていると、運ばれて来ましたザ・グレンリベット12年

ノージングをするとパインやマンゴーなどのトロピカルフルーツ系の香が誘ってきます。

まずはオードブルから・・・穴子のスモークとマッシュルームのデュクセル

P1100349

これが燻製されたアナゴと相性がいいこと・・・

P1100351_2

P1100352

のっけから幸せな気分にさせてくれます。

続いてザ・グレンリベット15年とオマール海老のクリームサフランソース。

一部の原酒をフレンチオークで熟成させたザ・グレンリベット15年・・・キャラメル・シナモンそしてナッツを感じます。

オマール海老の下に敷かれているのはクスクスです。約20年前、西アフリカのセネガルで食べた本場のクスクスが懐かしい。

P1100354

メインはザ・グレンリベット18年と鴨肉のフィレとフォアグラです。

濃厚なフォアグラの舌触りと肉汁がジュワーッとしたジューシーな肉をザ・グレンリベット18年のマーマレードやドライフルーツのような甘さがしっかりウオッシュしてくれます。

P1100355

P1100356

至福・・・

最後はチョコレートムースとコーヒーのアイスクリーム

あわせるモルトはちょっとしたサプライズ・・・ザ・グレンリベット・ガーディアンズチャプター・エキゾチック全世界のザ・グレンリベット・ガーディアンズが多数決で選んだ限定のモルトです。

P1100363

窓の下には東京ドームが見えます。このような環境で仕事しているペルノ・リカール・ジャパンの皆さんがうらやましい。

P1100357

ちなみにディナーをいただいたこの部屋、通常は会議室だそうです。

料理は日本人シェフのケータリング。

ホージーはこの後、香港そして中東へ・・・中東は怖いと嘆いていたホージーでしたが・・・

最高の時間を与えてくださったペルノ・リカール・ジャパンの皆様に感謝申し上げます。

最近ジャパニーズモルトに傾いている私ですが、スコッチでもこんな旨いんや・・・と再認識させてくれたペルノ・リカール・ジャパンでありました。

2015年2月11日 (水)

山崎蒸溜所ウイスキー&ショコラセミナー

バレンタインの時期に合わせて今年もこのイベントが開催されました。

P1100374

工場見学を終えてセミナールームに戻るとすでにセッティングされていました。

P1100375

試飲アイテムはノンエージング山崎・白州・響12年・メーカーズマーク・・・

P1100378

サントリーがビーム社を買収した影響か、今回はラインナップにバーボンが登場しています。

このセミナー、昨年は確か1500円・・・消費税が上がったとはいえ今回は2000円。しかも昨年は試飲アイテムに山崎12年・18年がありました・・・

原価率下げたんちゃうケ・・・などと下司の勘繰りをしたくなります(邪推)

とはいえ、セミナースタート・・・レジュメにしたがってウイスキーとショコラとのマリアージュを楽しんでいきます。

P1100382

まずはショコラを開けてみます・・・食べるのがもったいないくらい美しい。

P1100377

P1100379

まずは、山崎と生姜の効いたハニージンジャーとのマリアージュ

P1100381

まあ、どちらかというと平凡な組み合わせ・・・かな

次は、白州とタルトタタン。これはキャラメル風味のリンゴのコンポートがクッキーの上に乗っかっています。いままで白州といえば抹茶系のショコラが定番でしたが、これは結構新鮮なマリアージュでした。本日のベスト。

P1100383

続いて響12と梅酒を練りこんだショコラ。響12年に梅酒樽熟成構成原酒が含まれているからだと思いますが、若干ミスマッチ感が・・・

P1100384

最後はメーカーズマークとテ オランジェ・・・ですが基本的にバーボンは苦手なのでこれはスルー

P1100385

最後に、定番のハイボール教室。山崎でハイボールを作りかんぱーい!!

P1100387

お土産にジム・ビームのミニチュアをいただきましたが・・・バーボン飲まへんにやけどなぁ・・・などと思いつつ。

P1100389

ちなみに白州蒸溜所のショコラセミナーも同内容とのことでした。昨年は違ったんやけど。

この日は山崎蒸溜所は人で溢れかえって居ました。有料試飲コーナーに(お局様の)お松さんとお宮さんがいらっしゃったので聞いてみると「信じられないくらい忙しい」そうです。

そういや、ファクトリーショップのウイスキー販売コーナーにも購入制限がありました・・・

ガイドツアーも土日は4月まですべて埋まっている状況です。

ウイスキー消費が最低のころ、ガランとしていた蒸溜所が嘘のよう・・・

テレビの影響はすごいですね、マッサンブーム恐るべし・・・

2015年1月21日 (水)

アサヒビール茨城工場イベント 竹鶴政孝とリタ ~国産ウイスキーへの夢~

アサヒビール茨城工場で行われたイベント 竹鶴政孝とリタ ~国産ウイスキーへの夢~に行って来ました。ついにビール工場でもウイスキーイベントが行われるようになりました。

ウイスキーブーム恐るべし!!(ご存知だとは思いますがニッカウヰスキーはアサヒグループです)

工場の玄関をくぐるといつもの・・・と思いきや

P1100318

右側には竹鶴翁の業績を紹介するコーナーが・・・

P1100320

ウイスキーを展示するコーナーもあったりして・・・ホンマにビール工場かい!!

蒸溜所ちゃうんけぇ・・・と言いたくなりました。

P1100321

まずは、ニッカウヰスキー創業から現在に至る映像が上映されます。ある程度知っている内容ですがリタ婦人とのロマンスはなかなか心にしみます。

P1100323

そのあと通常のビール工場の見学工程へ(撮影禁止)

エレベーターで展望室の最上階にある試飲ルームへと案内していただきます。

P1100324

とりあえず1杯目はスーパードライを・・・

P1100326

その後は、ウイスキーイベントらしく竹鶴ハイボールやリタハイボールを・・・

P1100328

ブラッククリアハイボールもありました。

P1100329

さすがウイスキーイベント!!

この試飲室は最上階の展望室にあり、この日は気候がよく遠くに富士山を望むことができました。

P1100334

アサヒグループは今ニッカウヰスキーに吹いている追い風を最高のビジネスチャンスにしとるなぁ・・・などと率直に感じてしまうオヤジでした。

ファクトリーショップでは竹鶴ウイスキーを練りこんだチョコレートを売っていました。(1,600円以上してました・・・よう買わんかったケド)

全国のアサヒビール工場でこのイベントは行われているようです。興味のある方はアサヒのHPをチェックされることをお勧めします。








2014年12月17日 (水)

WHISKY HILLS 2014




特に目新しいウイスキーを呑めるわけではないのですが・・・ついつい立ち寄ってしまったWhisky Hills 2014

屋外のスタンディングではありますが、300円ほどでヒルズでウイスキーがー呑める・・・なかなかありがたい企画です。

P1100284

P1100285

ちょっと早い時間でしたが、ウイスキーを求めて来られる方々・・・

P1100286

響12年はハイボールで・・・

P1100290_2

ラフロイグと白州ノンエージングのセットは500円。チョイスはハイボール・ロック・ホットウイスキーでしたがオヤジは「ストレートで!!」

P1100289

樽のテーブルで一人しんみりといただきます。周りはカップルが多い・・・ウラヤマシイ

P1100287

ツリーを模したイルミネーションを見ながらしんみりとウイスキーをいただきます。

P1100294

このイルミネーション、照明が変化するので見飽きないです。

そういえば、もう少しすればクリスマス・・・オヤジは仕事で京都に帰ることができませんが子供らにプレゼントを送ってやらねば・・・などと殊勝なことを想うオヤジでありました。

このイベント12月25日まで・・・興味ある方はお早めに。

2014年11月29日 (土)

宮城峡マイウイスキー塾 その2

前回の更新から時間が経ってしまいました(反省)

2日目はニッカのこだわりである樽づくりのレクチャーを受けます。

ちなみに樽作りも側板や鏡板を数値を入力するだけで自動的に作成してしまうNC旋盤のような装置が導入され、樽職人という言葉は過去のものになってしまったようです。

ちなみにこの機械・・・ニッカのノウハウで特注されたらしく撮影禁止でした。

あえて、樽職人の方が旧来の樽整備をデモンストレーションしてくださいました。

P1100205

P1100207

ちなみに写真に写っているカンナやのこぎり類・・・現在はほとんど使用することはないそうです。

チャーの工程は以前と変わらず。マスターブレンダーの指示で焼き具合のレシピがあるそうです。

でも、迫力満タンです。

P1100221

P1100225

マイウイスキー塾2日目のメインイベントは、原酒を詰めた樽を貯蔵庫まで交代で転がすのですが・・・この日は朝から結構強い雨が降っており、岡島講師曰く「今までのマイウイスキー塾歴史初めてのフォークリフト移動になるかも・・・」と

とにかく、樽に原酒を詰め10年後への思い思いのメッセージを記入します。

P1100234

P1100235

そのころには少し小雨になり、無事樽転がしができました。

P1100241

ニッカにはマスターブレンダーの指示で、たとえニッカの社長であっても勝手に飲むことができない樽が数樽あるそうです。

岡島講師の足元にある樽がそのうちのひとつです。

P1100246

これらがやがて、先日発売されたTHE NIKKA40年のような超プレミアムウイスキーになるのでしょうか?

マイウイスキー塾2日間の講習を終え、小雨の中宮城峡を後にします。

P1100251

仙台駅では、つい利休の牛タン定食を食べてしまいます。東京でも有るやんけ・・・などと思いつつついつい。

P1100255

次は、余市のマイウイスキーづくりに応募したいと思います。とはいえマッサンブームで参加希望者が殺到しているらしいですが・・・

より以前の記事一覧