2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

サントリーウイスキー

2016年9月24日 (土)

新旧角瓶飲み比べ

みなさまご存知のとおり今年の4月に角瓶がリニューアルされました。

・値段が変わった!(値上げした)

・ボトルの形が変わった!(細かく言えばキャップの形状も・・・)

・ラベルが変わった!

でも、オヤジがいちばん気になっているのはサントリーHPの角瓶に対するオフィシャル・コメントです。

★旧角瓶

・・・山崎バーボン樽原酒とミディアムタイプグレーンを・・・

★新角瓶

・・・山崎と白州蒸溜所のバーボン樽原酒をバランスよく配合・・・

・・・・つまり、角瓶の名は同じですが、ブレンド設計が根本的に変わっていることが考えられます。

生産能力が優っている白州蒸溜所の原酒をキーにすることにより角瓶の供給量を増やす(または安定化する)ことが目的ではないかと訝ってしまいますが・・・

ともあれ、たまたま新旧角瓶が手元にあったので飲み比べてみることにしました。

まずはストレートで

P1000686

~旧角瓶~

バーボンっぽさが結構残っています。

よく言えばバニラ香やキャラメルの風味。

癖のないグレーンをブレンドしているせいか、キレがよく良くも悪くも後を引きません。

当然、ブレンドには度々マイナーチェンジがされていますが、ハイボール・ブームが来る前の角瓶はもっとモルティで芳醇だったような記憶が・・・

~新角瓶~

バーボンっぽさが殆んど(と言うか全く)消えています。

念のため、しつこくグラスを回してノージングしてみましたが、やっぱりそうでした。

その分モルティさが目立って来てますが控えめで、ヘビータイプのグレーンウイスキーを飲んでいるような印象です。酒質は非常に穏やかで舌の上で長時間転がしても刺激を感じません。改めてラベルを見直してもアルコール度は40%です。

アフターはキレが言いというより、ふわっと無くなるような感じです。

価格からして長熟ものの原酒を使うはずはなく、サントリーはどんなマジックをつかったのでしょうか?

間違っていると恐縮ですが、ライトタイプのグレーンが結構な割合でブレンドされているような・・・

で、次にハイボールで比較です。

最近、炭酸水自体に味が付いている場合があるので、ニュートラルな比較をするために山崎プレミアムソーダを使います。

P1000687

ハイボール比較

P1000688

~旧角瓶~

今まで何百杯と飲んできたスタンダードな味です。サントリーの関係者の方から聞いたのですが旧角瓶はハイボールにしたとき、飲みやすいだけでなく喉にひっかかりを感じるように設計されているそうです。(このひっかかり・・・という表現は微妙ですが)

ちなみに、オヤジが自宅でハイボールを飲む場合はウイスキー1に対して炭酸3でレモンは入れません。

~新角瓶~

飲みやすい・・・ですが若干平板気味にシフトし悪く言えば没個性です。

先ほどの話の蒸し返しですが、モルト原酒の比率が下がったのでは、と邪推してしまいます。これなら居酒屋で飲む場合でも角ハイボールにこだわりを持つ必要も無く、ブラッククリアハイボールでもトリスハイボールでもいいような気がしますが・・・

ここまで、なんとなく新角瓶に不利な記事を書いてしまいましたが(決して意図的にしたわけではありません)ポジティブな意見も書きたいと思います。

バーボンっぽさが押さえられたため、今までバーボンが苦手で角瓶を敬遠していた方にも門戸が開かれた気がします。

飲みやすさもアップしており、これから飲み始める方にはかなりとっつきやすいウイスキーになったことは確かです。

もっともビーム社を買収してかつ今なおウイスキーブームの余波で原酒不足を引きずっているサントリーにとっては、飲み手がバーボンやカナディアンにシフトすることを望んでいるように見えますが・・・

2016年7月 5日 (火)

山崎LIMITED EDITION 2016

サントリーのチーフブレンダー福與さんに伺ったところLIMITED2014・2015・2016とブレンドのレシピは変えていないそうです。

ただ使用する原酒が毎年少しずつ熟成が進むのでその差が味の違いに出るとか・・・

P1000249


今年はボトルの背面に山崎蒸溜所の樽貯蔵庫がプリントされています。山崎によく行かれる方ならおなじみの風景がプレミアム感を演出しています。

P1000250

熟したイチゴやメロンの香とカカオの香ばしさ・・・

口に含むと熟した柿が現れそれにダークチョコレートのほろ苦さが乗っかってくる感じです。よく味わうと完熟前の桃が感じられ、このあたり今はなき山崎10年を彷彿とさせる部分があったりします。

アルコールの刺激はほとんどなく、アメリカンオークの若い原酒が使われているそうですがそれでも最低7,8年寝かした原酒が使われているように感じました。

アフターも心地よく、上等の砂糖を使った甘過ぎない羊羹を頂いたときのような心地よさが続きます。

これは開栓したての感想なので、もう少し空気に触れさすと印象が変わるかも知れません。

唯一の弱点は味に山崎12年や18年のような厚みが少し足らないような気がします。旨いですが幾重にも変化する香味には少し物足らなさを感じました。

でもエイジング表記なしのモルトにそこまで求めるのは贅沢でしょうか?でも山崎LIMITED・・・税抜きで1本1万円です。決して安いウイスキーではありませんが・・・・

2016年4月23日 (土)

響12年 発見

終売になり既に量販店からも姿を消した響12年を発見しました。

山崎蒸溜所のファクトリーショップです。

ある友人から「山崎に有ったよ」と聞いていたのですが、本当にありました。

P1000175_2
輿水さんがチーフブレンダー時代の最後に設計したウイスキーです。

ゆっくり味わいたいと思います。

ちなみに隣で売られていたのは山崎12年。

こちらも流通量が回復してきているようです。

まだ数本残ってましたので興味ある方は山崎ファクトリーショップへどうぞ。



2016年4月 3日 (日)

さようならWhisky Shop W.

3月31日、大阪のサントリーウイスキーアンテナショップW.が5年の歳月に惜しまれつつ閉店いたしました。

オヤジは閉店の数日前、有給を取りW.へ・・・

P1000144

早かった5年の歳月を懐かしみつつ、ここでしか呑めないウイスキーを最後の試飲を

P1000151

まずは、山崎シングルカスク・ホッグスヘッドを・・・

P1000148

最後の一杯は山崎シェリーカスクを・・・

ドライフルーツにダークチョコレート・・・これぞ山崎というウイスキー

P1000153

スタッフM氏によると、W.の閉店は昨今のウイスキーブームによりウイスキーが浸透しアンテナショップとしてのW.の役割に一区切りついたとの判断によるもので、昨年末から既に決まっていたとの事。

ウイスキーの普及が閉店につながるとは皮肉な話ですが・・・

最後ということでお願いしてカウンターの中に入れていただきました。

P1000154

カウンター越しに見る店内の風景

P1000155

スタッフの皆さんはこんな視点でみていたのですね。
ゆっくりウイスキーを楽しみ、スタッフの皆さんと話し、名残し惜しつつW.を後にします。

P1000156

Whisky Shop W.そしてスタッフの皆さん、5年間ありがとうございました。

感謝をこめて

P1000157








2016年2月27日 (土)

中国の山崎12年

皆様、たいへんなごぶさたになってしまいました。

ただいまオヤジは中国広東省の深センというところに長期出張しております。

どうしても山崎12年が呑みたくなり、やっと見つけました。

中国元で865元・・・日本円にして約15,570円でした。

まあ 、山崎12年終売説が流布して価格が高騰したときのことを考えるとこんなもんかなと。

ちなみに隣で売られていた角瓶が3,000円以上してましたので、これは高いかな・・・と

P1000089
日本のウイスキーはやっぱり美味い!!!!!

P1000094

でもシングルモルトウイスキーが「単一麦芽威士忌」ってなかなか分かりやすいですね。

正確に言うと麦芽ではなく蒸溜所なのですが・・・

2015年9月 7日 (月)

サントリーシングルグレーンウイスキー知多

山崎・白州に続いて11年ぶりに新ブランドがラインナップに加わったとの事です。

結構気になっていたので発売日の9月1日に試飲に出かけました。

P1100738

ちなみに知多蒸溜所はグレーンウイスキー製造設備のみで貯蔵庫がないので、貯蔵・熟成は近江エージングセラーと想像されます。

まず呑んでみての感想「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ほんのり甘い・柔らかい・・・穀物系の甘い香とふんわりした舌触り・・・水あめを舐めたあとのようなアフター・・・あまりこれと言った特徴が浮かんできません。同じ4000円台ならニッカのカフェグレーンのほうがインパクトを感じます。

P1100739

P1100740

逆に言うとヘビーなタイプのモルトが苦手な方・女性の方には向いているような気がします。

「風香るハイボール」・・・サントリーはハイボールを推奨しているようなのでものは試しとWhisky Shop W.に移動して試してみました。

P1100744

P1100746

ハイボールにすると腰が折れ気味になり、淡麗な日本食には合いそうな感じですが、唐揚げや餃子など味の濃い料理に合わせると負けてしまいそうな気がします。

ウイスキーブームで山崎や白州の原酒が枯渇し、モルトが熟成するまでのツナギ的な役割でシングルグレーンを出してきたのでしょうか・・・ひねくれた見方をオヤジはしてしまいますが・・・




2015年8月10日 (月)

サントリー終売ブラザース

数年前に終売になった山崎10年と白州10年・・・改めて呑んでみました。

P1100735

ノンエージングに取って代わられた10年シリーズですが、結構旨い。

桃やマスカットのような香と爽やかなウッディネスの山崎10年

森林の香と若葉やグリーンガムのような白州10年

サントリーの販売戦略で消えてしまった悲劇の2本ですが、改めてコスパ的には最高だった気がします(その分メーカーにうまみはないでしょうが・・・)

9月1日には、ノンエージングの新余市と新宮城峡が登場しますが、どこまでそれぞれの蒸溜所らしさを“表現”できるか楽しみではありますが。

2015年6月28日 (日)

山崎 LIMITED EDITION 2015

ちょっと昔になりますが、山崎蒸溜所で試飲しました(今は売り切れています・・・W.にはまだあるかも)

P1100660

P1100659

中身はLIMITED EDITION2014と同じということで気にしながらの試飲でしたが・・・やっぱり同じでした。

P1100662

異なるのは、ボトルのバックの図柄です。

2014は山崎蒸溜所の外観でしたが、2015はポットステイルの図柄がプリントされています。

P1100663

量販店ではアッと言う間に売り切れたようです。

オヤジは2014LIMITEDの未開封がもう1本あるので、あえて買いませんでしたが・・・

でもどうせ2015として出すなら新たにブレンディングしてほしかったですね。

2015年6月19日 (金)

Whisky Shop W.オリジナルウイスキー第8弾

Whisky Shop W.オリジナルウイスキー第8弾は白州モルトです。

第6弾白州がバナナだったのに対し今度は青りんごとか・・・

さっそく試飲に出かけました・・・

P1100679

P1100683

味は青りんごというよりはミントが強く白州らしい森の香りもします。

白州の王道ホッグスヘッドがキーになっているような気がしますが・・・

P1100682

加水するとほのかなスモーキーさが立ち上がります。燻製系のおつまみとは相性がいいと思います・・・

アフターは長く、爽やか・・・

第6弾のバナナのような強烈なインパクトはありませんが、それなりに旨いです。ショップ店員M氏といつものようにウイスキー談義をたのしみつつ

つい、2本買ってしまうオヤジでした。税別で3,600円・・・税込みにすると100mlあたり約1,300円・・・ノンエージングで決して安いウイスキーではありません。

サントリーのHPのEリカーではすでに売り切れていますが、店にはまだ結構在庫があるとのこと・・・

P1100680

最近の過剰なウイスキーブームで馴染みの国産モルトが姿を消してしまうようですが、そんな時こそ新しいウイスキーのリリースを嬉しく感じてしまうオヤジでありました。

2015年4月25日 (土)

響ジャパニーズハーモニー

発売から気になっていたのですが、先日Whisky Shop W.で試飲して来ました。

P1100558

P1100560

口に含むとやって来るのは甘さです。蜜のような甘さ・・・

しばらく舌の上を転がしていると、その甘さもモルト由来の甘さではなく、グレーンの甘さであることに気がつきます。

呑みやすいのですが、響12年のような深みや複雑さがやって来ない・・・エージング表記をなくして幅広い原酒を使えることになったとのことですが、「コストダウンちゃうか・・・」などと勘繰りが頭をよぎってしまいます。

たまに行くバーのバーテンダーの評判がよろしくなかったので気になっていたのですが・・・

率直に言うと、呑みやすいが特に印象に残らないウイスキー・・・になってしまうのでしょうか。

続いてスタッフM氏のお勧め・・・非売品の山崎25年。シングルモルトです。ハーフで1500円とW.ではちょっと高めですがトライしてみました。

P1100564

キーモルトはミズナラ。しっかりお香や大きな仏壇のある古い日本家屋の香がします。

でも、バランスが良すぎてお面白さには少し欠けますが・・・

でも、こういうオフィシャルでないモルトをいただけるのがW.の面白さですが。

さて、響ジャパニーズ・ハーモニーは世界的に展開するようですが、海外のウイスキーファンはどのような評価をするのでしょうか。気になるところですが。




より以前の記事一覧