2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

蒸溜所訪問記

2016年12月29日 (木)

若鶴酒造

またまたご無沙汰してしまいました。

11月なかばに富山県高岡市に急遽単身赴任となり、バタバタしてブログ更新どころではありませんでした・・・言い訳ですが。

北陸にウイスキーネタなんか~と落ち込んでいたのですが・・・ありました!

赴任先のすぐ近くに、55年もののシングルモルトウイスキー三郎丸を55万円という価格で売り出し、蒸溜所の整備・見学施設化のためにクラウド・ファウンディングを募集して有名になった若鶴酒造があることを発見・・・即見学をお願いいたしました。

ちなみに55万円のシングルモルト三郎丸・・・発売開始直後に完売となったようです。

(でもヤフオクで高額で出品されています・・・転売目的が結構あったようです)

クラウド・ファウンディングも目標額を達成し、ウイスキー蒸溜設備は整備され、2017年の6月から一般公開する予定で進んでいくようです。

で、特別にお願いして蒸溜設備を見学させていただくことができました。

設備は木造でかなり年季の入った感じの建物です。

P1000998_2

まずは発酵タンク・・・もともとは日本酒メーカーなので、清酒の醗酵タンクが流用されているようです。

P1010001

スティルは小型のステンレス製で一基のみ。初溜と再溜を一基で行うそうです。

P1010003

現時点では、樽は輸入したバーボンバレルのみを使用しているようです。

P1010011_2


その後、唯一流通しているブレンデッド・ウイスキー サンシャインを試飲させていただきました。と言ってもグレーンを使わずブレンド用アルコールが加えられておりますので、厳密に言うとイミテーションに属するものになってしまいます。このサンシャインウイスキー・・・富山県内ならイオンなどでも売られています。地ウイスキー的な扱いですかね。

P1010034


味はライトボディで淡麗です。まあブレンド用アルコールを使うとこんな感じになるのでしょうね。価格は1,400円前後。コスパ的には???かな・・・

集まった資金で蒸溜設備を整備し、銅製のスティルも導入し北陸唯一のウイスキー蒸溜所と見学施設を目指すそうです。

これから仕込んだモルトが熟成し、製品化するころに今のウイスキーブームが続いているか非常にリスキーなものを感じます。しばらく富山で生活することになりそうなので、成功を祈らずにはおられないのですが・・・

ちなみに今回は特別に蒸溜設備を見学させていただいております。6月の公式オープンまで見せていただける保証はありませんのであしからずご了承ください。

2016年9月10日 (土)

ひさびさの山崎蒸溜所

個人的にいろいろありまして・・・久しぶりの更新となってしまいました。

そして、ひさびさの山崎。

ウイスキーブームは沈静化にむかいつつあるようですが、山崎は相変わらず予約が取りづらい状況が続いています。

P1000665

13:30からのガイドツアーに参加しました。

P1000668

スチルハウスは日曜日にもかかわらずがんがん蒸溜しており、ニューポットがほとばしっていました。外の暑さとあいまってサウナ状態です。

P1000674

そしていちばん落ち着ける場所・・・樽貯蔵庫です。

P1000677

そしてセミナーへ・・・MCははじめてお会いする男性スタッフです。

なんだか久しぶりに来ると男性スタッフが増えたような。

P1000679

P1000678

前に参加したときは樽燻のドライフルーツがおつまみにあったのですが・・・樽燻ナッツと以前無料ガイドツアーがあったときのおつまみのみになっていました。

コストダウンかな?

ツアー終了後、何気に「ポケモンGO」を立ち上げてみると・・・

005


何と、初代再溜釜がポケストップになっていました。

ファクトリーショップには響12年が売られていましたがスルーして有料試飲へ・・・

山崎25年は何と品切れ・・・相変わらず長熟ものは不足状態が続いているようです。

P1000681

そして山崎ツアーガイドのお局様(もとい美魔女)のMさんイチオシのヴァルベニー14年カリビアンカスクをいただきました。

P1000667

P1000682

ヴァルベニーをラム酒樽でフィニッシュさせたモルトなのですが・・・Mさん曰く「甘くて女性にもオススメですよ」の言葉通り、子供のころ駄菓子屋で買ったラムネ菓子のように甘さにやさしい酸味が乗っかってグビグビ系ですね、これは。

ハイボールにすると女性にも好まれる味になると思います。

P1000683

終売が噂されるラフロイグ・クオーターカスクが100円でのめるので、きっちりいただいて山崎を後にしました。

有料ガイドツアー・・・1000円する割にはコスパを感じないので、次は無料のファクトリーショップとティスティング・カウンターのみで来ようと思います。

ウイスキーの売れ行きが最低のころ・・・10年以上前のガラガラ状態の山崎から通っているオヤジとしては「ザ・ヤマザキ」のようなマニアックなツアーが復活することを切に望みます。(山崎12年・18年の流通量が復活しないために不可能だそうですが・・・・)





















2015年9月25日 (金)

久しぶりに山崎無料ガイドツアーに参加してみると・・・

久しぶりに・・・ホントに久しぶりに山崎無料ガイドツアーに参加してみました。

今年の初めからすべて予約で埋まってしまい、参加もままならないツアーとなってしまいました。(ちなみに年内もすべて埋まっています)

ツアーコースは従来どおりでしたが今までにないことが・・・試飲アイテムの変更です。

P1100742

今まで、約20分間の試飲時間はシングルモルト山崎・白州がおかわりし放題でしたが・・・

変わっていたのは・・・

1杯目は山崎シングルモルトのハイボール

2杯目、3杯目は何と角ハイボール(ロック・ストレートも選択できますが)

・・・で試飲は3杯まで。

P1100743

確かに無料ガイドツアーにお客さんが殺到しコストアップしたことは認めますが・・・

山崎まで来て「角」はないやろー!!!!

しかも3杯しかあかんて・・・(只呑みしてるくせにって・・・確かにそうですが)

やはり、ここは山崎なんやから山崎のストレート出さんかい・・・と心の中で嘆くオヤジでありました。

2015年8月16日 (日)

山崎蒸溜所11月1日から年内いっぱい休業

山崎蒸溜所が11月1日から年内いっぱい休業になるそうです。

ガイドツアーやファクトリーショップもすべてお休み。ちょっとショックです。

理由は、「改装」との事ですが、ひねくれたオヤジはにわかに信じることができず、お客さんが連日殺到しているためクールダウンに入るんちゃうケ・・・などとうがった考えをしていたのですが・・・

P1020006

たまたま山崎の生き字引・・・案内係の女王様であるお松さんに話を聞くことができたのですが・・・「改装」の話は本当らしいです。でもどんな風に変わるかは現時点では不明。

現時点で分かっているのは、ゲストホールやファクトリーショップを中心にリニューアルされるそうです。

リニューアルされた山崎蒸溜所がどんな風になるかはちょっと楽しみですが・・・2ヶ月も山崎にいけなくなるのはちょっと寂しい気がします。

2015年3月18日 (水)

秩父蒸溜所オープン・デイ

2月21日土曜日、秩父ウイスキー祭りのプレ・イベントとして開催された「秩父蒸溜所オープン・ディ」に参加することができました。

オヤジにとっては唯一行ったことのない蒸溜所です・・・ワウワク

まずは秩父神社をチャーターバスで出発!!気分はもう遠足に向かう子供のよう・・・

P1100392

約20~30分走ったでしょうか。工業団地の中にある秩父蒸溜所に到着~。

肥土社長自らで迎えてくれます。

P1100393

まずは、仕込みに使う麦芽についてレクチャー・・・

輸入麦芽以外に秩父のソバ畑の裏作で大麦を作ってもらい、後方のキルンでフロアモルティングも試験的に行っているとのこと。この大麦が結構いいらしく今後増やしていくそうです・・・美味しいウイスキーはまさしく自然の贈り物ですね。

P1100399

ちなみにピーテッド麦芽の仕込みは8月の工場メンテナンス直前のみに行うとのこと。

ピーティさが他の仕込みに影響が出ないようにとのことです。

さて、工場の玄関をくぐるとどーんと目に入るのが2基のステイルです。

P1100404

ワンフロアの中に糖化槽・醗酵槽・ポットステイル・瓶詰めライン・・・ここはすべての工程がワンフロアに収まっています。いかにもウイスキー工場・・・といった感じです。

肥土社長のご案内で工場内の説明を受けます。

P1100405

醗酵槽はの8基の木桶・・・しかもミズナラ製。ミズナラを使っているのは世界中でもここだけだそうです。

P1100407

脚立に昇って醗酵中のモロミを見せていただきました。

P1100415

ステイルはフォーサイス社製のちょっと小ぶりなスティル。何リッター入りかは控えるのを忘れましたが・・・

P1100424

初溜・再溜ともスチーム間接蒸留。なぜスチーム間接にしたのか質問したところ、直火に比べて扱いが簡単なのと・・・経費的な問題で・・・とちょっとはにかんで答える肥土社長でありました。

ステイルの近くにも登らせていただきました。ミドルカットはアルコール度数の変化等見るのですが最終的には人間の五感でタイミングを見てバルブを回すとのこと・・・この辺がイチローズモルトのノウハウですね。

P1100423

ちなみにステイルの下には加熱コイル用の国産ボイラーが・・・

P1100418

コンデンサの冷却水はなんと垂れ流し・・・触ってみると温水でした。なにか他に利用できないのでしょうか。

P1100406

続いて貯蔵庫へ・・・

むき出しの土の上に並べたダンネージ式でした。

P1100430

たくさんの樽が熟成中で製品化を待っているような・・・

P1100431

一通り見学を終えて試飲の時間。

事務所の入り口には見学や販売を行っていないとの張り紙が・・・直接訪れる人もいるんでしょうね。

P1100438

珍しいニューポットも飲ませていただきました。

P1100439

時間を忘れてイチローズ・モルトを飲み干す参加者たち。

P1100440

蒸溜所を後にします・・・最後まで見送ってくれる肥土社長。

P1100441

こんなことされたら、誰だってイチローズ・モルトのファンになってしまいます。

とても楽しかった・・・来年も参加したいです。(ちなみに帰りのバスの中でとてもマニアックなクイズ大会がありました)

2014年12月25日 (木)

2014年 最後の山崎

 12月のなかば、京都に帰り今年最後となる山崎蒸溜所へ行ってきました。

P1100298

すでに紅葉のピークは終わっていましたが色づいたメタセコイヤが綺麗です。

通常のガイドツアーに参加しました・・・

P1100299

いちばんの見所蒸溜室は12月いっぱい工事中のため迂回したコースを・・・

P1100300

外は少々風が強かったですが、テラス席で有料試飲を・・・

P1100301

冬の気配をしみじみと感じました。

そして、今年で配布が終了する蒸溜所記念のロックグラスと記念撮影です。

P1100302

今年一年ありがとう。そして2015年もよろしく・・・と思いつつ山崎を後にしました。

2015年は何回これるやろ?

P1100303




2014年10月11日 (土)

「マッサン」への対抗!?

約2ヶ月ぶりに山崎蒸留溜所を訪れるとちょっとした変化がありました。

サントリー創立者鳥井信治郎氏・第2代マスターブレンダー佐治敬三氏像の左横に新たにプレートが設置されておりました・・・

P1100143

P1100144_2

2人の功績を紹介した写真入プレートです。以前は無かったのですが・・・

あたかも「日本のウイスキーの元祖はワシらやでぇ!!」と訴えているような・・・

NHKの連ドラ「マッサン」への対抗処置でしょうか・・・

工場見学は、蒸溜室が工事中のため別棟の今まで非公開だった新規増設4基のスティルが見放題でした。(窓越しですが)

P1100145

最後はお決まりの有料試飲・・・台風19号が迫っているとはいえ秋の風が心地よい。

P1100150

若干曇り空ですが、構成原酒シェリーが秋空に映えます・・・

P1100151

気持ちよい一日でした。

2014年9月 3日 (水)

雨の宮城峡

平成21年以来、宮城峡を訪れました。大雨。

P1100012

雨の中、見学ツアーに出発です。遠くに鎌倉山が霞んで見えます。

P1100019

案内係のお姉さんも大変だったでしょう・・・

P1100014

雨が傘を打ちつける中、蒸溜所を回ります。

P1100026

宮城峡の特徴であるバルジ型のスティルと上向きのラインアーム・・・掛けられた注連縄が神々しく、なぜかご神体のように見えます。ちなみに毎年年末、注連縄は交換されるとのこと。

P1100024

平成20年、21年に仕込んだマイウイスキーの樽も見せていただきました。

栓を開けてストローかなんかでちゅーっとやってみたい衝動に駆られましたが・・・

P1100041

その後はお待ちかねの試飲へ・・・

P1100031

P1100032

宮城峡12年の美味さを再確認しました。アップルワインの甘ったるさには閉口しましたが・・・

そして有料試飲へ・・・

P1100042

P1100044

貴重な竹鶴21年ポートウッドとノンチルの試飲がありました。

当然、いただきました。

P1100045

P1100047

ポートウッド・・・希少性が先行して幻のウイスキーになってしまいました。

美味いことは旨いですが、これに2万円近いお金を出せるかな・・・と考えてしまいました。

仙台ニッカサービスの鈴木社長が直接レクチャーしてくださり、心から楽しい時間をすごすことができました。

惜しむらくはレストランの閉鎖か・・・再開の可能性は0%とのことですが。

蒸溜所を後にするときは、雨がやんで晴天が広がっておりました。

P1100049

蒸溜所を後にしました・・・10月のマイウイスキーに当選できたのでまた来る事になるのですが・・・

2014年8月26日 (火)

真夏の山崎




よりによって夏のいちばん暑い日に山崎へ来てしまいました。

P1090979

ガイドツアーに参加しましたが・・・とにかく暑い。普通にしているだけで汗がにじんできます。

P1090980_2

こんな暑い日にもかかわらず原酒の製造は行われており、いつもなら深呼吸する蒸溜室ですが・・・この日ははっきり言ってサウナ。一刻も早く通り抜けたい感じでした。

P1090981

P1090982

貯蔵庫を通り抜けた庭園もセミの鳴き声がガジガジ・・・

P1090984

試飲の時間・・・山崎ハイボールでやっと平常心に戻ります。旨いっ!!

P1090986

懲りずに有料試飲カウンターに張り付き・・・日が傾くのを待ってWhisky Shop W.に向かうオヤジで有りました。

P1090987

2014年8月20日 (水)

キリン富士御殿場蒸溜所

京都に帰る道すがら、一部リニューアルされたという御殿場蒸溜所に立ち寄りました。

P1090961

P1090962

早速中に入ってみます。

P1090963

P1090977



見学は以前のフリーコースは無くなり、案内つきの予約制に変わっていました。

唯一リニューアルされた点、シアターです。ここでツアー出発前にキリンウイスキー紹介のビデオが上映されます。

なかなか立派なものです。

P1090965

「エンジェルス・シェアー」の説明になると、アニメの天使が現れてウイスキーを飲み干していく・・・なんてこった演出もあります。(ちなみに上映中は撮影禁止)

見学コースは以前と同じ。かっては撮影禁止だったのですが・・・キリンもオープンになりました。

P1090967

P1090968

見学が終わってお待ちかねの試飲です。以前は自分で好きなだけ注ぐことができたのですが・・・今は富士山麓のハイボールが手渡されます。ひとり2杯のみの試飲です。

2杯目は富士山麓・ロバートブラウンの好きな方を好きな呑みかたでオーダーできます。

P1090973

もちろんその後は有料試飲(こちらは制限なし・・・金さえ払えばやりたい放題?)

P1090976

大好きだったシングルグレーン15年は終売したとのこと・・・残念!!

ピュアモルト御殿場蒸溜所とシングルグレーン40thアニバーサリーをいただきましたが、どちらもフルボトルで買うほどのものでもなく・・・

10万円のシングルカスクグレーン27年が鎮座しておりました・・・

P1090974

ちなみにこのシングルカスクグレーンを購入するときは、このシングルグレーンは2つのカスクから詰められているそうで、両方をティスティングして気に入ったカスクの方を購入できるそうです。

ガイドの女の子の話によると、今まで何本か売れたらしいですが内情はキリン関係者が多いとのこと(内緒の話)

などと裏話を聞かせていただきつつ御殿場を後にしました。

天気は曇りで富士山が見えないのが残念でした・・・が。




より以前の記事一覧