2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2016年3月 6日 (日)

青島(チンタオ)ビール

広東省ではウイスキーネタがほとんどないためビールを取り上げます。

(ウイスキーはジョニー・ウオーカーやシーバスのオフィシャルものはありますが日本の3倍ぐらいしますので取り上げてもしょうがない・・・)

青島(チンタオ)ビール・・・中国ならコンビニから怪しげな露店までどこでも売られているビールです。

P1000135
とにかく安い!!大瓶で5元(日本円で約90円)水道水を飲むと危ない中国では水代わりに飲んでます。

味は水っぽくてキレもコクもなく・・・正直旨くないです。安いのが取柄。

日本で飲むと水っぽく感じるアサヒでさえ、こちらで飲むとめっちゃ旨く感じます。

早く帰国してキリンやプレモルをのみたい・・・っす。

2015年7月11日 (土)

さようなら船橋

ある事情があって約2年弱暮らした千葉・船橋を去り生まれ故郷である京都・東山の地に戻ることになりました。

関東では、数知れずのウイスキーイベントに参加させていただき、感謝しきりなのですがまあやはり生まれ育った東山がいちばんかな・・・と。

で、千葉の思い出作りにまずはTDLへ・・・

P1100706

「ワンス・アポンア・タイム」のプロジェクションマッピング・・・最高でした。

千葉最後の日は、JRで2駅ながらなかなかいけなかったサッポロビール千葉工場へ・・・

P1100708

黒ラベルツアーに参加しました。

P1100710

P1100711

ツアースタートです。

P1100714

実際にTV CMで使われたテーブルとイスだそうです。

大人のエレベーター・・・

P1100715















最後は試飲・・・まあ、これで千葉の思い残しはありません・・・かな。

P1100716


2015年5月24日 (日)

ザ・プレミアム・モルツ・フェスト at 六本木ヒルズ

ビールネタが続きます(スミマセン)

武蔵野ビール工場の帰り、せっかく新宿まで来たんだからと六本木まで足を伸ばしました。

ザ・プレミアム・モルツ・フェスト・・・六本木ヒルズで200円からビールを飲むことができます。

P1100631

エーちゃんも決まってます。

P1100634

大屋根プラザはすでにすごい人だかり・・・

P1100635


P1100636







プレモル・香るプレモル・黒をオーダー

P1100638

テーブル席が埋まっているため、スタンディングでビールを頂きました。初夏の少し暑い夜にビールが旨いっ!!

P1100641

これだけ呑んで600円・・・朝からビール漬けの一日でありました。




2015年5月20日 (水)

サントリー武蔵野ビール工場 MASTER'S DREAM 講座




サントリー武蔵野ビール工場のMASTER'S DREAM 講座に参加して来ました。

人気講座らしく、募集と同時に満席になってしまいます。キャンセル待ちでGET!!

P1100603

P1100609

この講座のいいところは、映像ではなく実際の醸造技師長が説明してくれ、かつコースを一緒に歩いてくれるところです。

P1100604

P1100607

P1100606

武蔵野工場醸造技師長梅澤さん・・・ビール一筋22年の温厚なかたです。ウイスキーなんかやりたかったんちゃいまっか?・・・というオヤジの質問に「ウイスキーは結果が出るまで10年以上かかるので・・・」とはにかんで答える梅澤さんでありました。

マスターズ・ドリームのつくりのこだわりについても結構オープンに話してくれます。

P1100608_2

P1100611

プレモルはダブルデコクション(2回煮沸)ですが、マスターズ・ドリームはトリプルデコクションで且つ銅循環型ケトルを使用することにより、独特のコクを生み出しているとのこと。

これはビールの本場ドイツが銅製の釜を使っていることとウイスキーのポットステイルがヒントになったそうです。

P1100615

これが銅製循環型ケトルの1/500の模型です。このパイプをビールが通過することにより独特の風味を生み出しているとのこと。

P1100621

国産ポットステイルメーカーの三宅製作所製でした。

見学から戻り、いよいよ試飲・・・・

P1100624

P1100629

結構濃厚な味のビールです。食事にあわせる食中酒というよりは、味わって呑む食後酒・・・というイメージでした。

梅澤技師長も「このビールは味わって飲んでください」とのお勧めの言葉が。

最後にオヤジの毎度のヘンな質問を・・・

このビールはマーケティングサイドの要求から生まれたのか、現場サイドの情熱で生み出されたのか・・・梅澤さんのお答えは一言「現場サイドです」

最後に、ビアグラスを頂きご機嫌で武蔵野ビール工場を後にするオヤジでありました。

2015年5月10日 (日)

お祭り

毎年この時期は同じネタになり、申し訳ありません。

GWは京都東山の実家に戻り、ゆったり過ごすことができました。

5月5日は地元の神社のお祭りの日です。家の前を神輿が通ります。

以前は武者行列もあったのですが、それもなくなりちょっと寂しい・・・

P1100601

京都でお祭りといえば・・・鯖寿司です。

鯖寿司の酸味と白州の森の香が意外と相性がいいんです・・・

白州ハイボールと鯖寿司でお祭りを楽しみます。

P1100599

関東で暮らして居ると、京都の風情が新鮮に感じます・・・

(関東ではデパ地下に行かないと鯖寿司が手に入りません)

威勢のいい神輿の掛け声を聞きつつ京都の味と白州のマリアージュを楽しみました。




2015年4月11日 (土)

宮城峡蒸溜所有料試飲コーナー休業

4月21日より宮城峡蒸溜所の有料試飲コーナーが休業・・・とのことです。

正直、悲しいです。

こちらです

諸般の事情・・・と言うことですが、おそらく販売するウイスキーの在庫が底をついたのでしょう・・・

シングルカスクも売り切れ、有料試飲コーナーも無くなれば宮城峡に行く魅力がかなりなくなるような気がします。

ウイスキーブームもちょっと加熱し過ぎかな・・・という気がします。

こんな日が戻るのはいつの日でしょうか↓

P1010842

2015年1月 2日 (金)

2015年 初呑み

皆さま、2015年明けましておめでとうございます。

皆さまにとって幸多きそして素敵なウイスキーの出会いになることをお祈り申し上げます。

オヤジの2015年初呑みは・・・なぜか富士御殿場シングルカスク11年。

P1100309

ライムやミントのような爽やかな香りと若干のセメンダイン臭。

今年もウイスキーブームが続くでしょうから、あえてマイナーなボトルを開けてみました・・・

皆さんにとっても幸多きことを祈りつつ!!

2014年6月18日 (水)

ノンエイジ・ウイスキーについて考える

年数表記なしのノンエイジング・ウイスキー・・・特にプレミアムクラスのシングルモルトに関してはオヤジは否定的なスタンスでした。

若い原酒を使って原価率を安く抑えるウイスキーメーカーの戦略やないケ・・・などとうがった考えでおりましたが・・・サントリーの福與チーフブレンダーのインタビューを読んで少し目からうろこが落ちました。

こちらです↓

http://www.theyamazaki.jp/yamazaki_club/011_02.html?utm_source=yamazaki&utm_medium=email&utm_campaign=140612

P1090934

福與チーフは、年数表記を表示しないことに対する抵抗感を吐露しつつも、あえてノンエイジにしたことによって使用する原酒の自由度が高まり、古酒と若い原酒の組み合わせが可能になり、より幅広いウイスキーの表現が可能になり、新しい挑戦の可能性が広がったと述べておられます・・・うーん深い。

しかもノンエージ・ウイスキーが広まる背景に飲み手(ウイスキーユーザー)の存在があると・・・ブランドや価格にとらわれず、旨いウイスキーを旨いと評価できる飲み手が育ってきている背景があると。

オヤジの私見ですが、アジアは及ばず全世界でジャパニーズ・ウイスキーが飲まれるようになった今こそ、日本のウイスキーユーザーは世界トップクラスの感性がある・・・と認識させるチャンスではないでしょうか。

2014年6月 8日 (日)

ザ・プレミアム ビール ヒルズ

六本木ヒルズでサントリーのビールが格安で飲める・・・そんな噂を聞いたオヤジがやって来ました六本木ヒルズ。

P1090895

P1090898

限定発売された「香るプレミアム」・・・ちなみに日本では珍しい上面醗酵のエールビール・・・がなんと100円で試飲できるという、ヒルズという場所を考えればビックリ価格です。

P1090896

すでに、ブース前には行列ができています。

P1090902

しっかり2杯いただきました・・・

P1090901

けっこう甘みがあり且つボディの軽いビールです・・・女性なら喜ぶかも・・・

それ以外のプレモルなども200円で提供されていました。

P1090903

ヒルズがサントリーのビール一色に染まっていました。

さすがサントリー・・・太っ腹なマーケティング戦略です・・・などと考えてしまうオヤジでした。


2014年5月 5日 (月)

お祭り

GWは、京都に帰りゆっくりと過ごします。

今日5月5日は地元の神社のお祭りです。あいにくの雨でしたが家の前を神輿が通ります。

P1090864

京都では、お祭りの日は鯖寿司をいただきます。

意外とハイボールにもあうんですよ。

P1090867

久々の京都の味です・・・

より以前の記事一覧