2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« インドのウイスキー | トップページ | 新旧角瓶飲み比べ »

2016年9月10日 (土)

ひさびさの山崎蒸溜所

個人的にいろいろありまして・・・久しぶりの更新となってしまいました。

そして、ひさびさの山崎。

ウイスキーブームは沈静化にむかいつつあるようですが、山崎は相変わらず予約が取りづらい状況が続いています。

P1000665

13:30からのガイドツアーに参加しました。

P1000668

スチルハウスは日曜日にもかかわらずがんがん蒸溜しており、ニューポットがほとばしっていました。外の暑さとあいまってサウナ状態です。

P1000674

そしていちばん落ち着ける場所・・・樽貯蔵庫です。

P1000677

そしてセミナーへ・・・MCははじめてお会いする男性スタッフです。

なんだか久しぶりに来ると男性スタッフが増えたような。

P1000679

P1000678

前に参加したときは樽燻のドライフルーツがおつまみにあったのですが・・・樽燻ナッツと以前無料ガイドツアーがあったときのおつまみのみになっていました。

コストダウンかな?

ツアー終了後、何気に「ポケモンGO」を立ち上げてみると・・・

005


何と、初代再溜釜がポケストップになっていました。

ファクトリーショップには響12年が売られていましたがスルーして有料試飲へ・・・

山崎25年は何と品切れ・・・相変わらず長熟ものは不足状態が続いているようです。

P1000681

そして山崎ツアーガイドのお局様(もとい美魔女)のMさんイチオシのヴァルベニー14年カリビアンカスクをいただきました。

P1000667

P1000682

ヴァルベニーをラム酒樽でフィニッシュさせたモルトなのですが・・・Mさん曰く「甘くて女性にもオススメですよ」の言葉通り、子供のころ駄菓子屋で買ったラムネ菓子のように甘さにやさしい酸味が乗っかってグビグビ系ですね、これは。

ハイボールにすると女性にも好まれる味になると思います。

P1000683

終売が噂されるラフロイグ・クオーターカスクが100円でのめるので、きっちりいただいて山崎を後にしました。

有料ガイドツアー・・・1000円する割にはコスパを感じないので、次は無料のファクトリーショップとティスティング・カウンターのみで来ようと思います。

ウイスキーの売れ行きが最低のころ・・・10年以上前のガラガラ状態の山崎から通っているオヤジとしては「ザ・ヤマザキ」のようなマニアックなツアーが復活することを切に望みます。(山崎12年・18年の流通量が復活しないために不可能だそうですが・・・・)





















« インドのウイスキー | トップページ | 新旧角瓶飲み比べ »

蒸溜所訪問記」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。今朝は、生憎の雨ですね。一雨ごとに秋が深まっていくのかもですね・・・・・
まだ9月なんで紅葉には早すぎますが。昨年は、蒸留所が休業だったので、今年はきっと素晴らしい紅葉を期待しています。土曜日にツアー参加しました。相変わらずの内容でしたが、確かに葡萄の燻製は夏前にはなくなりましたね。今は、チョコ、ナッツほかだけですね。
久々にアンケートが配布されたのでセミナーの種類を増やしていただくように書き込んでおきました。ザ・ヤマや匠の技も毎週土日やるのではなく
月1開催でもいいので復活してほしいものです。
でも、一番の楽しみはツアーから帰ってきたときに用意されていた山崎のハイボールですね。今は自分で作って飲めますが、段違いに用意してあった方が美味しかった。でも、あの味の再現は不可能だそうです。物理的な理由らしいです。また、山崎でお目にかかりましょう。

追伸です。そういえば今年なってから、サントリーの貯蔵してある樽が100万樽になったとアナウンスされているのを思い出しました。去年までは80万樽だったんですけど。2基増設した効果ですかね。

氏郷さん、レス遅くなり申し訳ありません。
紅葉のころ、山崎でお目にかかれたら・・・と願っております。いろいろ仕入れた裏話もありますので、ウイスキー談義が出来ればいいですね。

すっかり朝晩寒くなりましたね。昨日ニッカのブラックニッカブレンダースピリットが発売になりましたね。残念ながらまだ手に入れていませんが。第一印象は、ネーミングがすごい。以前販売されたブラックニッカ復刻盤は絶品でしたが、値段的に1000円以上高いので期待していますが・・・・・
オヤジさんはもう飲まれましたか?また、感想をUPされるの楽しみにしています。
話は変わりますが、ようやく新しいツアー(セミナー)が始まりますよ。苦節1年ようやくサントリーさんも重い腰をあげてくれました。中心は、12年です。THE YAMAには及びませんが構成原酒を
が結構ラインナップされていますね。2000円が高いか安いかは微妙ですね・・・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517584/64182005

この記事へのトラックバック一覧です: ひさびさの山崎蒸溜所:

« インドのウイスキー | トップページ | 新旧角瓶飲み比べ »