2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 久しぶりに山崎無料ガイドツアーに参加してみると・・・ | トップページ | 青島(チンタオ)ビール »

2016年2月27日 (土)

中国の山崎12年

皆様、たいへんなごぶさたになってしまいました。

ただいまオヤジは中国広東省の深センというところに長期出張しております。

どうしても山崎12年が呑みたくなり、やっと見つけました。

中国元で865元・・・日本円にして約15,570円でした。

まあ 、山崎12年終売説が流布して価格が高騰したときのことを考えるとこんなもんかなと。

ちなみに隣で売られていた角瓶が3,000円以上してましたので、これは高いかな・・・と

P1000089
日本のウイスキーはやっぱり美味い!!!!!

P1000094

でもシングルモルトウイスキーが「単一麦芽威士忌」ってなかなか分かりやすいですね。

正確に言うと麦芽ではなく蒸溜所なのですが・・・

« 久しぶりに山崎無料ガイドツアーに参加してみると・・・ | トップページ | 青島(チンタオ)ビール »

サントリーウイスキー」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!お元気なら何よりです!
『海外にでも、いてはりますのん? 』とか、書き込みさせて頂こうかな?と思っておりましたが・・。真に御苦労様です!
中国では、尚更に高くなるんですね。日本でさえ、庶民には高嶺の(高値)花になってしまいましたね。そうですか、新しい記事を本当にありがとうございます!
これからも、どうかよろしくお願い申し上げます!くれぐれもお身体、大切にしてくださいね。

高橋さん、お久しぶりです。
中国で高くて不味いメシを食べながら頑張っています。
また白州でご一緒させていただければと思います。
またよろしくお願いいたします。

長期海外出張お疲れ様です。
残念ながら、堂島のウィスキーショップWが、今月末で閉店ですわ!

オヤジ様。祝復活です!。日本に帰って来られたらたら、京料理やにしんそばたらふく食べてください。それよりもWが閉店ですか・・・・・。こちらのほうも衝撃ですね。Wオリジナルの発売なくなるんですかね。また、こちらも復活を期待しております。
また、蒸溜所でお目にかかりましょう。中国で販売の山崎12年値段もさることながら裏面のラベルに感心しました。

コメントありがとうございます。元気で頑張っております。それにしてもWの閉店突然ですね。何があったんでしょうか?スタッフM氏はどうなるのでしょうね。また情報があったら教えてください。

オヤジさん、見ぃひん思たら中国行ってたんでっか。
そんだけ差額あんねやったら転売するしかおまへんなぁ。( ̄▽ ̄)

あとハニトラに気ぃ付けなはれや。( ̄ー ̄)ニヤリ
人★解★軍はマジでやりまっせ。
ある日突然行方不明になったりしなはんなや。

13日に、一年振りに白州蒸留所に、限定ウィスキーを買いに立ち寄りました。おみやげも含めて3本持って行ったら、レジの人に『お一人一本ですが・・』と言われてしまいました。私は、ビックリして、「一年振りに来たんですが、知らなくてスミマセン」と言ったら、割りと年配の方で、上手に対応してくれました。
それにしても、私も15年来ぐらいで、白州蒸留所に行ってるのですが、これ程までに品薄なんてのは悲しいですよね?
いつも陳列していた、『白州25年』モノなんかは、とっくに消え去りました。
サントリーウィスキーは、どこへ行くのでしょかね? 陳列棚の高い所には、ブッカーズがありました・・・・。(買おうかな?としばらく私も考えていたのですが、何も白州で買う理由は全くないしと思いましたよ。)こっちの勝手なはなしをスミマセンでした。
ではまた。

hiro はん
あんまり中国に都合の悪いこと書くとインターネットブロックされまっせ(冗談に非ず)

高橋さん
山崎でも蒸溜所限定ウイスキーは一人一本限定となっています。原酒不足対策でしょうか・・・なんか悲しいですね

お仕事御苦労様です。こちらのことですが、キリンの富士山麓もいよいよ値上げしましたね。なんとセイユーで1600
円を超しているので、ビックリしました。古いのがまだ並んでたんで、そっちを買い置きしました。ではお身体気を付けてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517584/63270824

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の山崎12年:

« 久しぶりに山崎無料ガイドツアーに参加してみると・・・ | トップページ | 青島(チンタオ)ビール »