2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 山崎蒸溜所 ウイスキー匠の技講座 | トップページ | サントリー武蔵野ビール工場 MASTER'S DREAM 講座 »

2015年5月10日 (日)

お祭り

毎年この時期は同じネタになり、申し訳ありません。

GWは京都東山の実家に戻り、ゆったり過ごすことができました。

5月5日は地元の神社のお祭りの日です。家の前を神輿が通ります。

以前は武者行列もあったのですが、それもなくなりちょっと寂しい・・・

P1100601

京都でお祭りといえば・・・鯖寿司です。

鯖寿司の酸味と白州の森の香が意外と相性がいいんです・・・

白州ハイボールと鯖寿司でお祭りを楽しみます。

P1100599

関東で暮らして居ると、京都の風情が新鮮に感じます・・・

(関東ではデパ地下に行かないと鯖寿司が手に入りません)

威勢のいい神輿の掛け声を聞きつつ京都の味と白州のマリアージュを楽しみました。




« 山崎蒸溜所 ウイスキー匠の技講座 | トップページ | サントリー武蔵野ビール工場 MASTER'S DREAM 講座 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨年は、サバ寿司に山崎12年でありましたね。とても美味しいでしょう。
新幹線がらみで、富山に単身赴任していた兄は、『鱒・マス・寿司』を、いつも土産に買ってきてました。名物は、土地によって変わるものなんでしょうね♪京都の文化は、古えから地方へと伝播しているのも事実ですよね。まー、変化があるということは、素敵なことだと思います。
6年ばかり前に、国政選挙に出馬する人とのご縁で祭りの神輿を、随分と久しぶりに担ぎました。楽しい経験でした。オヤジ様も、ハッピに短パン姿で?どうですか・。わっしょい♪と・・。
神輿・・旧約聖書にあるモーゼの、十戒を納めた棺?が起源ですよね。簡単に、書ける事ではありませんか、そんな流れがあるのです。
それにしても、白州とのマリアージュもよろしいでしょうね♪私の姪の一人は、京都に惚れて、京都人になるつもりで、働いていますが?しっかりとした御縁ができるのならイイけど・・・。人間一人一人、やはり基本的に勝手なもんですよね。

誤字・脱字は、とても有るためにお恥ずかしながら、追加で書き込みさせて頂きます! 神輿のルーツについて、簡単に書けるわけはありません。『・が・』と書くとこを『か』としてしまいました。失礼しました。
 今年は、白州とサバ寿司・・・、山崎とも甲乙着けがたい美味しさでしょうか?

高橋さん、
一昔前は若い衆が多くて賑わっていた祭りも年寄りが多くなりすっかりしょぼくなってしまいました。
数年前、町会長をやらせていただいた時には神輿の先導の提灯持ちもやったことがありましたが・・・
とにかく高齢化が著しい地域なので毎年元気がなくなっていくような気がします。

お話しありがとうございます。京都は、歴史も伝統も最古級ですから、いろんなご苦労があるでしょうね。 こちらは、平野部ですが、やはり20代と30代の空洞化(苦笑)ですね。50代以降が圧倒的に多くなっています。じい様ばあ様達が、畑仕事しています。だから元気なのかも知れません?大学や専門学校はほとんどが、東京に出ていきます。そのまま就職するのがほとんどですね。 私も、同じ流れでした。こちらの里も限界集落化していっております。20年後の日本て、どうなってるんでしょうかね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517584/61571047

この記事へのトラックバック一覧です: お祭り:

« 山崎蒸溜所 ウイスキー匠の技講座 | トップページ | サントリー武蔵野ビール工場 MASTER'S DREAM 講座 »