2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 宮城峡マイウイスキー塾 その1 | トップページ | 竹鶴ハイボール・リタハイボール »

2014年11月29日 (土)

宮城峡マイウイスキー塾 その2

前回の更新から時間が経ってしまいました(反省)

2日目はニッカのこだわりである樽づくりのレクチャーを受けます。

ちなみに樽作りも側板や鏡板を数値を入力するだけで自動的に作成してしまうNC旋盤のような装置が導入され、樽職人という言葉は過去のものになってしまったようです。

ちなみにこの機械・・・ニッカのノウハウで特注されたらしく撮影禁止でした。

あえて、樽職人の方が旧来の樽整備をデモンストレーションしてくださいました。

P1100205

P1100207

ちなみに写真に写っているカンナやのこぎり類・・・現在はほとんど使用することはないそうです。

チャーの工程は以前と変わらず。マスターブレンダーの指示で焼き具合のレシピがあるそうです。

でも、迫力満タンです。

P1100221

P1100225

マイウイスキー塾2日目のメインイベントは、原酒を詰めた樽を貯蔵庫まで交代で転がすのですが・・・この日は朝から結構強い雨が降っており、岡島講師曰く「今までのマイウイスキー塾歴史初めてのフォークリフト移動になるかも・・・」と

とにかく、樽に原酒を詰め10年後への思い思いのメッセージを記入します。

P1100234

P1100235

そのころには少し小雨になり、無事樽転がしができました。

P1100241

ニッカにはマスターブレンダーの指示で、たとえニッカの社長であっても勝手に飲むことができない樽が数樽あるそうです。

岡島講師の足元にある樽がそのうちのひとつです。

P1100246

これらがやがて、先日発売されたTHE NIKKA40年のような超プレミアムウイスキーになるのでしょうか?

マイウイスキー塾2日間の講習を終え、小雨の中宮城峡を後にします。

P1100251

仙台駅では、つい利休の牛タン定食を食べてしまいます。東京でも有るやんけ・・・などと思いつつついつい。

P1100255

次は、余市のマイウイスキーづくりに応募したいと思います。とはいえマッサンブームで参加希望者が殺到しているらしいですが・・・

« 宮城峡マイウイスキー塾 その1 | トップページ | 竹鶴ハイボール・リタハイボール »

ウイスキーイベント」カテゴリの記事

コメント

さすが、おやじ様。天候をも回復させる強運の持ち主ですね。 
宮城峡直売のシングルカスクは、前記事で数量限定と書かれていましたが、私が9月に余市に行った時は、直売シングルカスクが全て欠品でした。
終売だけは、勘弁してほしいです。

george さん、
余市20年シングルカスクが売り切れた・・・との噂は聞いていましたが、まさかそこまでとは。
ウイスキーブーム、ちょっと加熱の感がありますね。

nikko81です。

樽職人は過去のものですか・・・
少し寂しい気も。

カスクは残念ながらもう終売ですね。

宮城峡のショップでは、どう見ても今までウイスキーを呑んだことの無いようなオニーチャン・オネーチャン
オッサン・オバハンまで買い物籠にシングルカスクをポイポイ放り込んでおられました。
こんな状態が続けば、熟成が必要なカスクは在庫不足を起こすでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517584/60729379

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城峡マイウイスキー塾 その2:

« 宮城峡マイウイスキー塾 その1 | トップページ | 竹鶴ハイボール・リタハイボール »