2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 白州蒸溜所 ウイスキー匠の技講座 | トップページ | 「マッサン」への対抗!? »

2014年10月 7日 (火)

Whisky Shop W. 4周年記念シングルカスク山崎&白州

9月中旬に発売されました。

サントリーのHPでのeリカーでは即日完売で、東京バーショーのサントリーブースでも長蛇の列ができ即完売という人気のウイスキーでした。

ちなみにW.のスタッフM氏によると白州は早々と完売してしまったようです。

P1100090

ちなみに山崎は2003年蒸溜。白州は2000年蒸溜。

山崎のカスクはスパニッシュオークのボタコルタ・・・シェリー樽を短くした樽でその分原酒と樽の触れ合う面積が大きくなり、熟成が早く進みます。

特筆すべきはCellerがYAMAZAKIになっていることです。

山崎で蒸溜された原酒の大半は琵琶湖のほとり近江エージングセラーで貯蔵・熟成されますが、このシングルカスクは山崎で蒸溜され、山崎の空気を呼吸して熟成されたことが伺い知れます。

P1100115

続いて白州。2000年蒸溜のホッグスッヘッド・・・ジャスミンと森の香、典型的な白州です。

P1100116

どちらも美味いです。

おそらく大半のウイスキー党は白州をチョイスすると思いますがオヤジはちょっと山崎に傾いてしまいます。

山崎のシェリーはボディ感のあるフルボディ・シェリーが定番ですが、このシングルカスクはダークチョコやドライフルーツの甘酸っぱさの奥にハーブのような爽やかさが同居しています。

かなり好みが分かれるチョイスになると思いますし、たしかに白州もかなりレベル高いです。

サントリーのシングルカスクのレベルの高さを感じさせてくれるボトルであると思います。

« 白州蒸溜所 ウイスキー匠の技講座 | トップページ | 「マッサン」への対抗!? »

サントリーウイスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517584/60435571

この記事へのトラックバック一覧です: Whisky Shop W. 4周年記念シングルカスク山崎&白州:

« 白州蒸溜所 ウイスキー匠の技講座 | トップページ | 「マッサン」への対抗!? »