« ピュアモルト北海道12年 | トップページ | Whisky Shop W. 新山崎 新白州セミナー その2 »

2012年6月 3日 (日)

Whisky Shop W. 新山崎 新白州セミナー その1

5月29日、新発売されるノーエージング山崎・白州の発売日にWhisky Shop W.でセミナーが行われましたので参加いたしました。

W.の店頭も新山崎・白州で一色です。

P1070635

ハイボールが100円でいただけるとの事・・・

P1070636

店内に入ると、呑んだくれ様を初めとして、W.イベントの常連の方がちらほらと・・・開会まで時間があったので早速ハイボールをいただきました。

P1070638

そして入館カードを頂き、サントリー本社の2階にあるセミナールームに案内して頂きます。

P1070641

今回ティスティングするウイスキーは・・・

P1070639

そしてサントリー第4代チーフブレンダーである福與伸二さんによるセミナーが始まります。私より1歳年上の方ですがなかなかシブイ方です・・・

P1070642

まずは新山崎のキーになるワイン樽貯蔵モルトのティスティングと説明を・・

P1070650

今回、ハイボールブームの拡大でウイスキー初心者の方にもとっつきやすい飲みやすいシングルモルトを目指したとのこと。

ニュースピリッツを5~6年熟成させて柔らかくなったところを見計らってボルドーのフレンチオーク赤ワイン樽に移しさらに熟成させ、最適のタイミングを見計らってヴァッティングするとのこと・・・でこの最適のタイミングにばらつきがあるため、今回ノーエイジングにした理由はこのためだそうです。

実際の酒齢は平均9年で10年を超える場合もあるとか・・・

続いて、ごく少量くわえられている酒齢25年を超えるシェリー樽原酒をティスティング。

P1070653

単体で飲むと漢方薬のようなエグミと独特のクセが。福與さんも100点満点ではないとの評価をされておりましたが、この原酒を少量ヴァッティングすると味に深みと熟成感が出るそうです。その他少量のミズナラ原酒も加えられているとのこと。

ブレンダーとして、味に複雑さがないとユーザー(飲み手)に飽きられてしまうのでかなり工夫されているそうです・・・

そして肝心の新山崎は・・・・・

P1070655

苺のような爽やかな酸味とフルーティー・・・ハイボールにしても美味しそうです。実売価格でシングルモルトでフルボトル3,000円ちょっと・・・・トリスや角ハイユーザーがワンステップ上を目指すウイスキーとして位置づけられているのでしょうか・・・後で聞いた話ですがサントリーのマーケティングからは5,000円代で売ったら・・・との話もあったそうです。

あと、新白州の話もありますが、長くなりますのでその2に譲ります。

To Be continue・・・

« ピュアモルト北海道12年 | トップページ | Whisky Shop W. 新山崎 新白州セミナー その2 »

サントリーウイスキー」カテゴリの記事

コメント

今回のセミナー、とても良かったですね。
セミナーで買った2本はとても飲めないので、今日、梅田ルクアの新・山崎白州イベントに味の再確認に行ってきました。
ハイボールフェアなので、ストレートでといってもロックで出されるような状態でしたが、新山崎の甘さを改めて確認。新白州のほうは、まだ評価が落ち着きません。
まだまだ再確認しないといけないな、と思ってる次第。

わたしはブルータスで「新山崎フルボトル1本買うと新白州フルボトル1本プレゼント」というとんでもないキャンペーンをやっていたのでもう一本ずつ買いました(貰った?)
確かにサイン入りのボトルを開けるのは勇気がいりますね。
ルクア・・・私も行きたかったのですが今日で終わりですね。残念!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517584/54868683

この記事へのトラックバック一覧です: Whisky Shop W. 新山崎 新白州セミナー その1:

« ピュアモルト北海道12年 | トップページ | Whisky Shop W. 新山崎 新白州セミナー その2 »