« オードブルと愉しむ山崎 2011 | トップページ | ザ・カスクオブ・ヤマザキ バーボンカスク 1991 »

2011年6月 4日 (土)

山崎蒸溜所 ティステイングカウンターメニューリニューアル

山崎蒸溜所のティステイングカウンターのメニューがリニューアルされた、とのことですので早速行ってまいりました。

まず最初は工場見学なのですが・・・・いつもと違ったところが2つありました。

まず1つ目は・・・・

P1060524

ポットスティル居並ぶ蒸溜室がメンテナンス中で通れないとのことでコンデンサ側を通過・・・近くから眺めたことはあるのですが通るのは初めてでした。

2つ目は・・・・

偶然樽詰めに出くわしました。

P1060527

P1060530

そしていよいよお待ちかねの有料試飲・・・

P1060531

お目当ての山崎シングルカスク1986年は品切れになっていましたが、山崎樽出し原酒シリーズが復活しました。響17年構成原酒のホワイトオークやグレーンウィスキーが追加になっています。

早速いただきました。

P1060533

サントリーが7月から売り出す予定の"ボトラーズもの”マクレランズシリーズも飲んでみました。

P1060532

スペイサイド・ハイランド・ローランド・アイラ・・・4種類のモルトが1杯100円で試飲できます。

P1060537

アルコール度が40%のため若干パンチ力に欠けますが・・・それぞれの特徴は感じます。

初夏の屋外のテラス席でのティスティングは、最高のリラックスを与えてくれます。

P1060539

« オードブルと愉しむ山崎 2011 | トップページ | ザ・カスクオブ・ヤマザキ バーボンカスク 1991 »

蒸溜所訪問記」カテゴリの記事

コメント

nikko81です。

コンデンサ側を通ったり、樽詰めに
出くわしたり・・貴重ですね。

樽詰めは見てみたいのですがねぇ。

おや、樽出原酒も復活ですか?
白州でも復活してるのかな・・

nikko81さん、こんにちわ

高速道路が土日1000円の間に白州に行く予定がありますのでその時見てきますね。

はじめまして、nero_walkureと申します。

偶然ですがこの日記の”6月4日”午前中に、山崎の原酒セミナーで蒸留所に訪れていました。

初めて訪れてから4年くらいになりますがいつもは何も無い(笑)樽出しの部屋に所狭しと樽が並んでいたのを初めて目にしたのですが…そうですか、午後から払い出しだったのですね(涙)

それでも、かなり貴重なシーンでしたので良かったです♪

nero_walkureさんこちらこそはじめまして。
拙いブログですが今後ともよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517584/51849289

この記事へのトラックバック一覧です: 山崎蒸溜所 ティステイングカウンターメニューリニューアル:

« オードブルと愉しむ山崎 2011 | トップページ | ザ・カスクオブ・ヤマザキ バーボンカスク 1991 »