« トリス エクストラとトリスハイボール | トップページ | オードブルと愉しむ山崎2010“秋” »

2010年10月 3日 (日)

WHISKY HISTORY in OSAKA2010

日本バーテンダー協会大阪北摂支部主催のWHISKY HISTORY in OSAKA20101に参加してきました。

P1050808

ニッカのブースです。竹鶴21年があっとゆう間に無くなってしまいました。

P1050788_2

サントリーのブースです。こちらは現在限定発売のシェリーカスクが早々に無くなりました。

P1050790 

セミナーの第一部は「サントリーウイスキーづくりの更なる革新」と題して輿水チーフブレンダーの響12年を中心としたサントリーのブレンデッド・ウイスキーの興味の有るお話を聴かしていただくと共に、響12年にブレンドされている「梅酒樽後熟モルト」も試飲させていただきました。色々と興味深いお話を聞かせていただきました。

P1050797

第二部はゲリラセミナー「竹鶴ノートを説く」に参加いたしました。

モルトバーマスターの説明と共に竹鶴ノートのレプリカをいただきました。

P1050809

P1050811

大変充実した一日でした。

« トリス エクストラとトリスハイボール | トップページ | オードブルと愉しむ山崎2010“秋” »

ウイスキーイベント」カテゴリの記事

コメント

nikko81です。

いいですねぇ。
さすがにわたしはいけませんでしたが・・・

山崎の梅酒樽後熟、もいちど
出してもらえないかな?
とひそかに思っております。

nikko81さんこんにちわ

輿水チーフによると、梅酒樽後熟は響12年のフルーティーなバースになっているとのことです。
私ももう一度味わって見たいです。

オラも参加してましたがお会いできませんでしたね。
ところで、本日10/11サントリーの
『山崎マリアージュセミナー』におられませんでしたか????
よく似た方がおられると思っていたのですが・・・・

何でも呑む、呑んだくれ 様
それはズバリ私です。
私のほうこそ気がつかずに大変失礼いたしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517584/49638133

この記事へのトラックバック一覧です: WHISKY HISTORY in OSAKA2010:

« トリス エクストラとトリスハイボール | トップページ | オードブルと愉しむ山崎2010“秋” »