« 余市マイウイスキーづくり その1 | トップページ | 余市マイウイスキーづくり その3 »

2010年10月24日 (日)

余市マイウイスキーづくり その2

原酒のテイスティグの後は貴賓室に案内していただきました。

nikko81さんのエピソードを拝見し、事前にリクエストしておきました。

P1050937

貴賓室の窓から見る蒸溜所の風景です。まるでヨーロッパのどこかの風景のようです。

P1050935

続いて竹鶴邸の中を案内していただきました。

P1050943

洋服ダンスを開けて、実際に竹鶴翁が身につけておられたネクタイやジャケットを見て大騒ぎ・・・・・

P1050947

晩年の竹鶴翁が過ごされた和室には大きな木魚が・・・これを叩いてお手伝いさんを呼ばれていた・・・・との事です。

P1050954

竹鶴邸を後にしてお楽しみの夕食です。北海道の食材が見事に並べられておりました。

スーパードライで乾杯の後はシングルカスク10年・竹鶴21年・鶴(ハイボールも可)を振舞っていただきました。

P1050962

P1050963

シシャモの刺身をはじめて食したのですが、非常に淡白な中に濃縮されたうまみがあり美味でした。そして恒例のイクラかけ放題。め一杯かけさせていただきました。

P1050967

お互い自己紹介をして和やかな雰囲気が最高潮になったとき、お開きの時間がやって参りました。

名残惜しいなか、小樽のホテルへ向かいます。

その3に続きます。

« 余市マイウイスキーづくり その1 | トップページ | 余市マイウイスキーづくり その3 »

ウイスキーイベント」カテゴリの記事

コメント

nikko81です。

よかった、貴賓室ご覧になれたんですね。

やっぱり、この部屋から見る蒸留所は
一番ですからねぇ。

竹鶴翁のネクタイとか、木魚とか。
懐かしく拝見しました。

シシャモの刺身は珍しいですね。
この時期の特典?

イクラかけ放題は、マイウイスキーでしか
いまだに体験したことがないですね。

nikko81さん、こんばんわ

無料試飲コーナーで元講師のMさんと話したのですが、やはりシシャモの刺身はこの時期だけの特典のようです。ちなみに昨年はイクラが値上がりして大変だったとの裏話も聞かせていただきました。
それにしても本格的に寒くなる前に余市に行けてよかったです。

オラもししゃもの刺身は食べたことがありません。
多分、本物の北海道のししゃもなのでせう。
うらやましい。
国内で食べるいわゆる『こもちししゃも』は本物の『ししゃも』ではないらしいので。
いいなぁ~~~
来年は秋にも応募しよう。

呑んだくれさん、こんばんわ

確かにわれわれが普段食している子持ちシシャモとは異なるようですね。以前北海道のシシャモについて「将太の寿司」というマンガで読んだことがあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517584/49834680

この記事へのトラックバック一覧です: 余市マイウイスキーづくり その2:

« 余市マイウイスキーづくり その1 | トップページ | 余市マイウイスキーづくり その3 »