« オードブルと愉しむ山崎2010“秋” | トップページ | 余市マイウイスキーづくり その2 »

2010年10月22日 (金)

余市マイウイスキーづくり その1

   余市マイウイスキーづくりにめでたく当選し、参加してきました。

少し早めに着いたので、柿崎商店でウニ丼の昼食を・・・昼まっから飲むビールはうまいっ!!

P1050879

宮城峡ではセパレートでしたが、余市は未だにツナギ服でした。(女性はトイレが大変・・・余計な心配か)ツナギに着替えてマイウイスキーづくりスタートです。

P1050970

まずはキルン塔からです。すでにピートが炊かれて煙がモクモクと上がっていました。

P1050899

キルン塔の二階です。ピートの煙で一見何の写真か判りにくいですが、ピートに燻され何ともいえない匂いが体に染み付きます。今の仕込みはピーテッド麦芽を輸入しているので実際にキルン塔が使われるのはマイウイスキーの時のみですが、昔は実際にここでピートによる炊き込みが行われていたことを考えると・・・昔の人の苦労が判る気がします。

P1050896

続いてマッシュタン(糖化槽)です。後で実際に中に入って清掃作業を体験させていただけるとのこと。

P1050924

次は発酵タンクです。タンクの上から発酵中のもろみを見せていただきました。2日目でボコボコ泡だって入るのが見えます。

P1050907

P1050914_3

タンクの前で一番麦汁ともろみを飲ましていただきました。もろみはアルコール分を少し含んでいますが・・・程よい酸味に思わずもう一杯!!

P1050911_2

次は蒸溜棟です。世界中で石炭直火蒸溜を行っているのはここ余市のみ・・・だそうです。石炭をくべているのは私です。

P1050918

そしてお約束のマッシュタンの清掃を。中はサウナのような暑さです。短い時間ですが必死でがんばりました。

P1050927

そして教室に戻り、原酒のテイスティングです。

P1050940

どれも余市の原酒らしく力強いモルトでした。混ぜ合わしてもイマイチしっくり来ないので原酒のままいただきました(おかわりも!!)

その2に続きます

« オードブルと愉しむ山崎2010“秋” | トップページ | 余市マイウイスキーづくり その2 »

ウイスキーイベント」カテゴリの記事

コメント

nikko81です。

あら、マイウイスキーに行かれたんですね。

わたしも4月に2回目参加してきましたが、
何度行ってもいいイベントです。

あ、石造りの入り口上にある
貴賓室には入れましたか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517584/49817080

この記事へのトラックバック一覧です: 余市マイウイスキーづくり その1:

« オードブルと愉しむ山崎2010“秋” | トップページ | 余市マイウイスキーづくり その2 »