« 北海道 その3 | トップページ | 山崎・白州樽出原酒 »

2010年5月29日 (土)

サントリー京都ビール工場 見学

はっきり言って・・・ビールでは「サントリー ザ・プレミアム・モルツ」がいちばん好きです。

今までは試飲がメインで、何回かツアーやザ・プレミアム・モルツ講座に参加したのですが、ガイドさんのお話はあまり聞いておらず、反省を込めて今回はしっかり「ザ・プレミアム・モルツ」のこだわりを勉強してこようと参加いたしました。

Dscf0412

良いビールには3つの重要な素材があります。

まずは“水”です。ここ京都ビール工場では京都天王山系のミネラル豊かな天然水が使われています。

Dscf0414

そしてこだわりの“麦”と“ホップ”です。爽やでビールの香りの基本となるなホップの香りを嗅がせていただきました。結構強烈な刺激で・・・・・・で顔をしかめている人もいましたが。

Dscf0415

仕込釜が並ぶこの場所で「ザ・プレミアム・モルツ」のこだわりを教えていただきました。

Dscf0418

麦汁の温度をコントロールしてを2回煮沸する「ダブルデコクション製法」と煮沸開始後と仕上げにファインアロマホップを加える「アロマリッチホッピング製法」です。

これらのこだわりが華やかでコクのある「ザ・プレミアム・モルツ」を生み出しているとのこと・・・でした。ちなみに試行錯誤の結果だそうです。

そして出来上がった「若ビール」を貯酒し熟成するためのタンクに案内していただきました。ここで約0℃の温度で数日間、ビールを熟成させるとのこと。ここは仕込室とちがって涼しいです。

Dscf0420

続いて必要のなくなった酵母を取り除くためのろ過の工程です。加熱をせずフィルターで行います。

Dscf0422

最後に缶詰めの工程です。酸化を防ぐために炭酸ガスを注入して空気を追い出し、缶詰めされます。またここで様々な検査が行われるとのこと・・・・この日は休日で稼動していませんでしたが、この宇宙ステーションのような機械で1分間に1500本のビールが詰められるそうです。

Dscf0425

そして、お待ちかねの試飲です。工場でいただく出来立ての「ザ・プレミアム・モルツ」は格別です。

Dscf0434

思わず「うまいっ」と唸ってしまいました・・・・ホンマに美味しいです。

エントランスには「ザ・プレミアム・モルツ」がモンドセレクションを3年連続で受賞した楯が飾られていました。これだけ美味しいビールが受賞するのもうなづけます。○

Dscf0437

« 北海道 その3 | トップページ | 山崎・白州樽出原酒 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517584/48489266

この記事へのトラックバック一覧です: サントリー京都ビール工場 見学:

« 北海道 その3 | トップページ | 山崎・白州樽出原酒 »