« アメリカ出張 その3 | トップページ | 山崎とオードブルの帰り道 »

2010年4月28日 (水)

オードブルと愉しむ山崎2010"春”

25日の最終回に参加してきました。

今回、私と妻それぞれで応募したのですが、妻の方が当選し妻の名前での参加です。

P1050289

まずはウイスキーのテイスティングです。山崎10年・12年・18年・白州12年を順番にテイスティングしていきます。

P1050288

妻は「白州12年がおいしい~」などと、言うておりますが・・・・

そしてお待ちかね、オードブルの登場です。

P1050301

P1050291_2

山崎10年のハイボールと山崎12年の水割りをつくり、オードブルとマリアージュさせて行きます。

P1050302

練りじゅうねんと季節野菜のディップのまったりした味が、山崎12年と合う合う・・・

P1050294

鰹のソテー バジルソースのイタリアンな風味は、爽やかなスモーキーフレーバーの白州12年と相性ピッタシでした。

P1050295

スタッフの方と「山崎とスイーツ」にも応募しているので、是非参加できたら・・・などと語りつつ。あっという間の2時間・・・幸せな時間を過ごすことが出来ました。

食後酒のイメージの強いウイスキーが、オードブルとマリアージュさせると食中酒にもエエなア・・・などと認識を新たにしました。ふだん家でウイスキーを飲まない妻が真剣にウイスキーとオードブルの相性を探っていたことには・・・いささか驚きました。サントリーのイベント恐るべし。

最後に、ショックなニュースをひとつ。永年蒸溜所で買うことの出来た山崎・白州樽出原酒シリーズ8年・10年・12年・15年・・・いずれも終売になったそうです。ティスティングカウンターでの有料試飲も終了したそうです。  15年ものが大好きだったので・・・・けっこうショックです。

« アメリカ出張 その3 | トップページ | 山崎とオードブルの帰り道 »

ウイスキーイベント」カテゴリの記事

コメント

nikko81です。

サントリーさんのイベントにはちょくちょく
行くのですが、オードブルと愉しむ・・
はまだ未体験。

やはり、食中酒としての愉しみ方が
お酒の付き合いとしては一般的ですから、
ウイスキーも伝統的な飲み方だけじゃなく、
こうした付き合い方を広げるのも
大事ですよね。

あ、樽出原酒の終売。今月初めに
白州に行ったときにわたしも聞きました。

白州15年の原酒が好きなので、
数本買って帰りました。大きいボトルは
すでに完売・・・

かなりショック!という方は多いようで、
他にもカゴ一杯に買ってられる方も。

終売と判っていれば・・・・ある程度買い占めたのに・・・残念ですっ。

はじめまして。
終売の話は日比谷バーで聞きました。
あのカスクは別に用がなくても白州に調達に行くくらい楽しみだったのに…。
なにか別の商品を出してくれるんでしょうか。
そうじゃないと蒸留所に行く楽しみが半減です。

ガチャポン左心室 様

コメントありがとうございます。
山崎には月1回程度、顔出ししているのですが、終売の予告等は一切ありませんでした。ただ3月ごろから有料試飲コーナーで樽出シリーズが売り切れになっていたので、なんとなくいやな予感がしていました。これからはシリアルナンバーの入った1400円のシングルモルトがメインのお土産になってしまうのでしょうか・・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517584/48209242

この記事へのトラックバック一覧です: オードブルと愉しむ山崎2010"春”:

« アメリカ出張 その3 | トップページ | 山崎とオードブルの帰り道 »