« 宮城峡蒸溜所 その1 | トップページ | 宮城峡蒸溜所 その3 »

2009年11月17日 (火)

宮城峡蒸溜所 その2

   宮城峡マイウイスキー塾1日目のメインイベント「マイブレンドづくり」です。

P1040226

5種類の原酒がセットされています。

フルーティ&リッチ(宮城峡)・シェリー&スイート(余市)・ピーティ&ソルティ(余市)・ソフト&ドライ(宮城峡)・カフェグレーンの5種類です。

前回、シェリー&スイートを使いすぎてバランスのわっる~いブレンドをしてしまった私としては・・・リベンジに燃えております。メラメラ~

P1040230_3

慎重に測ってメスシリンダーに注ぎます・・・・

そして何とか、こんなもんかナ・・・と納得(と言うか妥協)しフラスコで持ち帰り200ml分を調合します。

今回はフルーティ&リッチをキーモルトに、しっかりカフェグレーンも組み合わせて・・・口当たりの良さにこだわってブレンドしました。

P1040231

同じテーブルの方がブレンドされたマイウイスキーをテイスティングさせていただいたり・・・和気あいあいの時を過ごさせていただきました。

そして、いい雰囲気のまま作並温泉湯の原ホテルに移動して懇親会のはじまり・はじまり・・・です。

P1040232

シングルモルト宮城峡を中心に、ニッカのウイスキーがセッティングされていました。

P1040233

そしてお料理は・・・・・こんな感じです。

P1040234_2

お互い自己紹介したり・・・工場スタッフの方とウイスキー談義をしたり、とても楽しい時間を過ごしました。

そしてシメは・・・講師の伊藤さん十八番の「さんさ時雨」でシメます。

P1040235

♪ハア~ めでたい めでたい♪

ニッカ仙台工場のスタッフの皆様・・・・・最高に楽しい時間をありがとうございました。

« 宮城峡蒸溜所 その1 | トップページ | 宮城峡蒸溜所 その3 »

蒸溜所訪問記」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
ニッカウィスキーのことを調べていて、こちらのブログにたどり着きました。
記事とは全く関係のない質問で恐縮なのですが、ウィスキーにお詳しそうなので、思い切ってお尋ねします。
実は、ある筋から、「20年前(昭和時代)のスーパーニッカ」を買おうかと迷っております。
恩師に毎年、お歳暮としてスーパーニッカを送っているのですが、今年はなぜかお求めやすいお値段のものしかなく…。
私はウィスキーのことは全然詳しくないので、果たして20年前に瓶詰めされたスーパーニッカが、今売られているものに比べて美味しいのかどうか(恩師が喜んでくれるのか)分からないのです。
お忙しいところ申し訳ないのですが、もし、味など(予想でも構いません)がわかるようでしたら、お教えいただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

nikko81@山崎蒸留所帰りです。

ブレンドはブレンダーズバーで
体験させていただきましたが、
自分好みのものをつくるのは、
かなり難しいですね…一度や二度では
なかなか上手くつくれそうにないです。

仙台でブレンドやりたかったですが、
2010年にはリベンジです!

P.S.
山崎パンチョン、頂いてきました。

らんまる様
コメントありがとうございます。
実は本日、ニッカのチーフブレンダー久光さんと直接お話しする機会があり、ご質問の件聞いてみました。
久光さん曰く「しっかり栓がされていればそれなりの味わいがあるので買いだと思いますが、後は値段とのバランスでしょう」との事でした。
20年物のシングルモルトであれば2万円前後が相場です。
私的には、ウイスキーは樽の中では熟成は進みますが瓶の中では熟成は進みません。
やはり値段との釣り合いもあると思いますが、味のほうはあまり期待されないほうが良いのでは・・・・
それよりも相手様がウイスキー好きであれば熟成20年前後のシングルモルトまたはブレンデットウイスキーを送られてはいかがかと・・・
ちなみにスーパーニッカは昭和37年発売です。もしこの年代のボトルが残っていれば、文句なしにプレミアものです。

nikko81さん
山崎パンチョン如何でした?本日大阪にて久光さんより余市1989のコンセプトについて直接お伺いしてきました。早速予約を入れようと思います。
nikko81さんの言うとおり1989は1988に比べてライトに仕上げてあるそうです。さすがですねnikko81さん・・・・

nikko81@大阪、です。

わぁ、大阪の竹鶴21年の会にいかれたんですね!?

わたしも申し込んでいたのですが、
外れてしまいました。
お会いできていたかもしれないのに、
残念でした。

久光さんはいつもユーザーとの
対話を重んじておられて、
頭が下がる思いです。

わたしなんぞはまだまだ初心者、
きっちりと香りや味わい、
フィニッシュを表現できるように
なりたいな、と思っています。

あ、山崎パンチョン、美味しかったです。
山崎で2杯も頂いちゃいました。

バニラ香も深みと言うよりは、
華やかさや軽やかさを感じさせるもの、
でしたね。

あと、バナナというか、ふんわりとした
果実的な甘さを感じました。

ということで、めでたく(?)
お買い上げと相成りました(笑)

ウィスキーオヤジさま
お返事いただき、ありがとうございました!
またニッカの方にお尋ねいただいたとのこと・・・。
とても嬉しいです!
詳しくご説明いただいて、本当にありがとうございます。
お値段は、4500円程度のもので、お歳暮にはお手頃な価格だと思いましたが、ご指摘の通り、味が問題で…。
画像から判断するに、恐らく、平成になる間際の「昭和」に発売されたものではないかと思います。
「スーパーニッカの味が好き」という恩師なのですが、たぶん他のウィスキーもイケる口だと思います。
・・・というか、ご説明いただいて、私がおいしそうに感じましたので(^^;)、お財布との相談になりますが、同じニッカで20年もの前後のものを探してみたいと思います。
お忙しいところ、ありがとうございました。
オヤジさまのブログが、ますます発展されますことを…!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517584/46790095

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城峡蒸溜所 その2:

« 宮城峡蒸溜所 その1 | トップページ | 宮城峡蒸溜所 その3 »