« オードブルと愉しむ白州 2009"春” | トップページ | マルスウイスキー 訪問記 »

2009年4月 5日 (日)

軽井沢ウイスキー蒸留所 訪問記

軽井沢蒸留所を訪れました。4月4日から見学が始まっています。

P1020835

蒸留所内は撮影禁止とのこと。ガイドさんと仕込タンク・木桶の発酵槽・ポットスチル・貯蔵庫と見て回ります。一回り15分ほどで終わってしまいます。この回は客は私一人でお姉さんとマンツーマンでの見学でした。

貯蔵庫の周りは蔦で覆われています。まだ色づいておらず一見お化け屋敷風ですが、色づくととても美しい風景になりそうです。

P1020842

外には初代のポットスチルが展示されています。

P1020845

見学が終わっていよいよ試飲です。軽井沢17年をいただきましたが、無料ではなくチャリティとのこと。ポケットにあった小銭を少しだけ入れました。

P1020852

メルシャンプラザ(ゲストホール)内にはビンテージ・モルトが展示されています。

P1020855

いちばん高いので31年ものが58,800円です。妥当な値段ではないでしょうか(といってもよー買いませんけど)

P1020856

珍しいウイスキーがありましたので試飲してみました。ルージュ・カスク・シャトー・メルシャン・バレル・リザーブ(なんか舌噛みそう)です。

赤ワイン樽で熟成したウイスキーです。ウイスキーのモルティーさと果実のフルーティーさが複雑に絡み合った不思議な味です。

P1020861

P1020865

後は有料試飲とお土産にシングルカスクを買いました。有料試飲には軽井沢蒸留所ショットグラスが付いています。これだけでもいいお土産になります。

P1020868

P1020870

ガイドさんのお話によりますと、今年はウイスキーの仕込みをする予定がなく今後も分からない・・・とのことでした。キリン傘下になった影響でしょうか・・・少し不安になります。

« オードブルと愉しむ白州 2009"春” | トップページ | マルスウイスキー 訪問記 »

蒸溜所訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517584/44576575

この記事へのトラックバック一覧です: 軽井沢ウイスキー蒸留所 訪問記:

« オードブルと愉しむ白州 2009"春” | トップページ | マルスウイスキー 訪問記 »