« 京都東山花灯路2009 | トップページ | キリン富士御殿場蒸溜所 日帰り弾丸ツアー »

2009年3月25日 (水)

江井ヶ嶋酒造 訪問記

兵庫県で唯一(おそらく近畿圏では山崎とここだけ)のウイスキー蒸溜所 江井ヶ嶋酒造を訪問いたしました。

P1020728_4

JR明石駅から山陽電車に乗り継ぎ、西江井ヶ島で下車、瀬戸内海に向かって5~6分歩いたところに江井ヶ嶋酒造はあります。山梨にはワイナリーもお持ちで、“ビール以外は”全て造っておられるそうです。

左手に「WHISKY DISTILLERY」の看板と共に、白亜の洒落た建物が見えてきます。

それが江井ヶ嶋酒造ウイスキー蒸溜所です。そこからさらに数分歩くと海に出ます。瀬戸内海沿いの蒸溜所です。

P1020701

P1020704

総務の河合さんがマンツーマンで案内をしてくださいました。お忙しい中、本当にありがとうございました。

貯蔵庫は公開していないとの事ですが、貯蔵庫を模したホワイト・オークの樽が出迎えてくれます。

P1020705

小さい工場ですが、粉砕機・糖化槽・発酵タンクと一通り揃っています。モルトはライトピートタイプをスコットランドから輸入し、蒸溜作業は6月~7月のみに行っているそうです。

ポットスチルは手前が初溜4500L、奥側が再溜3000Lでそれぞれ1基ずつです。

P1020712

加熱方式はスチーム間接蒸溜です。ポットスチルが空でしたので加熱パイプを見ることが出来ました。

P1020716

見学の後はお楽しみの試飲の時間です。4500本限定のシングルモルト・ホワイトオークあかしをいただきました。

P1020726_2

海のそばの蒸溜所・・・なのでアイラ・モルトのようなヘビーな味を想像していたのですがが・・・意に反してライトで柔らかくスムースなモルトでした。飲みやすいです。

河合さんのお話では、今後シェリー樽熟成の12年もののシングルモルトをリリースするプランもお有りだとか。

瀬戸内の空気をいっぱい吸い込んだウイスキー・・・魅力的です。

江井ヶ嶋酒造・・・小さいながらもベンチャー・ウイスキーのように大ブレイクする可能性とパワーを秘めているように感じました。

これからも要注目です!!

« 京都東山花灯路2009 | トップページ | キリン富士御殿場蒸溜所 日帰り弾丸ツアー »

蒸溜所訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517584/44466335

この記事へのトラックバック一覧です: 江井ヶ嶋酒造 訪問記:

« 京都東山花灯路2009 | トップページ | キリン富士御殿場蒸溜所 日帰り弾丸ツアー »