« ブラックニッカ クリアブレンド | トップページ | 第2回ウイスキーフェスティバル »

2009年1月25日 (日)

シングルモルト宮城峡1988発売前プレミアム試飲会

憧れのブレンダーズ・バーにやって来ました。宮城峡1988試飲会参加のためです。

P1020407

カウンターにはすでに「宮城峡1988」がセッティングされています。

P1020409_2

久光チーフブレンダーよりまずは「宮城峡1988」開発の裏話を教えていただきながらテスティングスタートです。

P1020412

余市1988は力強さを出すためにアルコールは55度にしたそうですが、宮城峡1988は華やかな香りを意図してあえてアルコール50度にしたそうです。

宮城峡1988のテーマは「わ」との事です。

昨年余市1987が世界一のシングルモルトになったことで日本のウイスキーとしての「大和」の「和」

昨年オリンピックイヤーであったこと、宮城峡1988には5種類の樽の原酒が使われていること(正確には4種類ですが2種類のシェリー樽を使っているので合計5種類)で五輪の「輪」

そしてウイスキーとしての美味しさを追求した「調和」の「和」との事です。

久光さんのイメージでは「剛」の余市に対して「柔」=「雅」の宮城峡だそうです。

凛とした華やかさの中にカシス・ベリーの甘いフルーティーさと熟したメロンのようなエステリーで柔らかくて甘い香りです。柔らかい味わいの中にわずかながらビターさを感じます。

フィニッシュは爽やかでドライ。華やかにすーっと消えて行きます。

宮城峡1988、フルーティーで優しくかつ華やかで理想的な「日本女性」のようなウイスキーです。

飲み比べて見ました。

P1020415

余市1988はビター&ピーティーで重厚なボディ感で、フィニッシュはビターな余韻が永く続きます。

宮城峡1988は1月27日から1500本限定で販売です。ぜひとも手元に置いておきたい一本ですが・・・何せ値段が。しばらく悩みそうです。

« ブラックニッカ クリアブレンド | トップページ | 第2回ウイスキーフェスティバル »

ニッカウイスキー」カテゴリの記事

コメント

nikko81です。
先日、コメントを差し上げたものです。

宮城峡のイベントに来られていたんですね。

わたしも当日参加しておりました。
もしよろしければご覧になってくださいね。

http://arcadia.cocolog-nifty.com/nikko81_fsi/2009/01/1988-d021.html

nikko81さんも参加されていたのですね。
サイト訪問させていただきます!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517584/43852621

この記事へのトラックバック一覧です: シングルモルト宮城峡1988発売前プレミアム試飲会:

« ブラックニッカ クリアブレンド | トップページ | 第2回ウイスキーフェスティバル »