« サントリー白州蒸溜所訪問記 その3 | トップページ | 9月の山崎蒸溜所 »

2008年9月23日 (火)

角瓶ハイボールグラス

今サントリー角瓶を買うと<薄づくり角ハイボールグラス>なるものが付いています。今までアルミ製のハイボールタンブラーやガラス製ロックグラスがオマケに付いてきたことはありますがガラス製のハイボールグラスが付くのは私の記憶では初めてです。

外箱の説明によりますと・・・・・

①グラスに氷を一杯入れます。

②-since1937-の位置まで角瓶を注ぎいれます

③向獅子マークの上面までソーダを加えてタテに1回まぜるとおいしい角ハイボールの出来上がり

・・・・だそうです。愛用のメジャーカップを使ってどの様なハイボールが出来上がるのか検証してみます。

氷を満たしたグラスにまず、メジャーカップの小さい方(30ml)を注ぎ込みます。

P1010499

ほぼ-since1937-のラインまで来ました。続けてメジャーカップの大きい方(45ml)でソーダを2回注ぎ込みます。

P1010501

ほぼ向獅子マークの上面に来ました。

・・・・と言うことは30ml対90mlでウイスキー1に対してソーダ3の理想的なハイボールになることが確認できました。

ガラス製のグラスの良いところはソーダの泡が見えることです。泡が見えることによりハイボールの爽快感が視覚的に感じられます。またガラスが薄いためソーダの爽快な感覚が唇によく伝わります(でも割ってしまわないか心配)

で、一言

サントリーはん、なかなかやりまんなあ

« サントリー白州蒸溜所訪問記 その3 | トップページ | 9月の山崎蒸溜所 »

サントリーウイスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517584/42568316

この記事へのトラックバック一覧です: 角瓶ハイボールグラス:

« サントリー白州蒸溜所訪問記 その3 | トップページ | 9月の山崎蒸溜所 »